ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
TOPへ

キユーピー株式会社の口コミ

東京都渋谷区渋谷1-4-13
評判スコア75 詳細
275
ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
キユーピーの口コミ・評判をご紹介!キユーピーで働く社員や元社員から、キユーピーの口コミ/評価に関する正確かつ質の高い情報を収集し、毎日更新。転職・就職活動に役立つ情報でサポートします!

社員・元社員からの口コミ

良い点
2020年頃
祝日が仕事の変わりに、夏休みや正月休みが9連休くらいある。祝日に休みたい場合は有給で休めるのと、有給は最低5日は取得義務があるため、年間休日125日は越える。ただし、有給は事前申請となる。休日に呼び出されるのはそうそうない。あるとしてもトラブルが起きた際に、現場リーダー以上の人が現場に行くぐらい。休日に駆けつけた場合は、交通費もちゃんと出るし、働いた時間分買い上げという形でお金が貰えるので、そこは安心だと思う。 参考になった!0
良い点
2020年頃
1日の勤務時間は7時間40分。スタッフ部門の人は定時帯だが、製造課は早番遅番もある。職場によってはもっと細かな時差出勤もあったり、夜勤もある。夜勤はないところがほとんど。残業時間は少ない人は10時間未満だが、仕事の負担が大きい人は40時間ほどの人もいる。45時間には納めようとはしている。なにもなければ定時で帰れる。残業手当ては1分単位でつく。残業をつけないと上から注意されるため、そこはとてもいい。サービス残業防止で、PCのログと退勤時間に解離があるとエラーが怒るため、残業した分のお金はちゃんと貰える。 参考になった!0
気になる点
2020年頃
入社して、評価が下がると関連会社に行く場面が多いが、福利厚生での差が激しく、辞める人も多々ある。また出世は、数年で決まるような気がする。一度評価を落とすと、逆転は、困難なのと、例えば、トップが働き安い、人材に、上層部は、固められており個人の力だと、なかなか、出世は、困難。また、サラダ惣菜事業は、人材が不足しており、土日休みを取るのは、簡単には、取れないなど、コマーシャルとは、ほぼ遠い世界である。これから少子高齢化の世界では厳しい環境にますますなることが予想される。 参考になった!0
良い点
2020年頃
雰囲気が良さそうな、印象とマヨネーズという柱があり、生活が安定している、また、色々な活躍場面があるかなあと感じた為。残業は、1分間当たりでつくので、若い人でも、法定残業の上限は、あるが、工場勤務だと、手取りでかなり収入があるので、仮に寮にすめば、お金が貯まると思います。また、研修制度は、充実しており、資格褒賞も、高額の褒賞もあり、その点では、福利厚生は、充実している。キユーピー本体の工場、営業だと休みめ年間120日は、あり、ワークライフバランスは、良い。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
ブランドを大事にし、創業者の教えを語り継ぐ社風のため、型破りな発想や挑戦が生まれない。新商品は初年度に採算ベースに載ることが発売の条件だから本当に稼げる新しい商品が生まれない。 参考になった!1
気になる点
2019年頃
過去は35才以上は僅かな負担で人間ドック受診が義務だったが、2年ほど前から制度が変わり、人間ドックは自己負担になり、バス健診になってしまった。今時自己負担でドック受診させる企業は珍しい。 参考になった!1
2019年頃
調味料を製造するラインのオペレーターです。基本的には機械設備で自動製造するため、設備の管理や操作が仕事です。 参考になった!0
良い点
2019年頃
比較的公平な評価がされるよう工夫された評価の仕組みだが、出世に関わる昇格評価は点数や直属上司の評価の積み重ねでなく、実は部長クラスの評価で決まる。成績は並以上なら昇格のチャンスはある 参考になった!0
良い点
2019年頃
礼儀正しい。社員は従順て真面目なタイプか評価される。年功序列で役職が上でも歳上には気を遣う社風なので役職の低い年長者もプライドが保てる。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
労働組合が無いからある意味会社の都合で昇給が決まる。目標、計画が高いから賞与が満額もらえることは少ない。 参考になった!0
キユーピー株式会社
食品関連/化学・素材関連
最近見た会社
最近見た会社はありません
入社後、活躍できる
会社選びのために。
カイシャの評判は、会社選びに本当に役立つ口コミ情報を提供し、みなさんが入社後活躍できる転職を応援します。
  • カイシャの評判 3つの特徴
  • 1. 日本最大!250万件超の口コミ
  • 2. すべての口コミを無料で公開
  • 3. 社員の声で作る会社分析レポート
よく見られている企業
キユーピー株式会社と同業界のおすすめの会社
同業界のおすすめの会社をもっと見る