2024卒向けの情報メディアです

企業研究ノートは作ったほうが良い?どうやって活用するの?

就活で欠かせない企業研究。しかし頑張って企業研究をしても、就活が進むにつれ「この会社ってどんな会社だっけ…?」と忘れてしまうのは、よくある話。

 

そこで活躍するのが『企業研究ノート』です。企業研究ノートは、ただ単に「企業の情報をメモしたもの」ではありません。上手に作れば、志望企業の決定からエントリーシートの作成、面接対策まで、就活のあらゆる場面で強い味方となります。

 

しかし「企業研究ノートって何?」「どうやって作るの?」と思っている就活生は多いはず。そこでこの記事では、企業研究ノートを作るメリットから具体的な作り方、作るうえでの注意点まで詳しく解説。後悔のない就活をするために、ぜひお役立てください。

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!

 

 

企業研究ノートとは?

企業研究ノートとは、「志望企業の情報をまとめたノート」のこと。「就活ノート」とも呼ばれています。企業のホームページや書籍などから情報を整理した自分専用のノートで、志望企業を絞り込むときや志望動機を書くときなど、さまざまな場面で活用できます。就活をスムーズに進めるにはマストアイテムといえるでしょう。

 

企業研究ノートを作るメリット

では企業研究ノートを作ると、どんなメリットがあるのでしょうか?具体的にご紹介しましょう。

 

情報が整理でき、企業のことを深く理解できる

1つ目のメリットは、ノートにまとめることで情報が整理でき、企業への理解を深めやすくなることです。

 

就活では、採用サイトや会社説明会などを通して膨大な企業情報に触れます。すべての情報を頭の中で整理し、比較するのは難しいですよね。また学校の勉強をイメージするとわかりやすいですが、情報を集めようと企業ホームページや本などを眺めていても、情報はなかなか頭に定着しません。

 

しかし注目ポイントを自分で考えながら、手を動かしてノートにまとめることで、情報が整理されて記憶に残りやすくなります。企業への理解もより深まるでしょう。

 

自分に適した企業を見つけ出せる

就活において、いかに企業研究が大切かは何度も耳にしていることでしょう。

 

就活を始めるにあたり、やりたい仕事や志望する業界が見えている方は多いはず。では具体的な企業はどうでしょうか?同じ業界でもたくさんの企業があり、特徴もさまざま。その中から自分にぴったりの企業を探すには、一筋縄ではいきません。知名度や企業規模で安易に決めてしまうと「こんなはずじゃなかった」と入社後に後悔する恐れもあります。

 

そこで重要となるのが企業研究ノート。企業の情報を整理して深く理解することで、たくさんの企業の中から自分に合った企業を探しやすくなります。入社後のミスマッチも避けられるでしょう。

 

また、まとめる項目を統一することで、複数の企業を比較しやすくなります。各企業の違いが明確になり、志望企業を絞り込みやすくなるでしょう。

 

説得力のある志望動機を作れるようになる

エントリーシートや面接で必ずといっていいほど求められるのが、志望動機。志望動機では、その企業ならではの魅力を見つけ、自分の熱意を伝える必要があります。企業への理解が浅いと、採用担当者を納得させる志望動機は作れません。

 

その企業ならではの魅力や強みなどを深く理解するには、企業研究をしっかり行ない、企業研究ノートにまとめることが不可欠。そうすることでアピールポイントも明確になり、説得力のある志望動機が書けるでしょう。選考突破の確率も上がるはずです。

 

エントリーシートや面接前に活用しやすくなる

企業研究をノートにまとめれば、エントリーシートや面接前に情報を活かしやすくなります。

 

たとえば同じ業界で複数の企業を受けるときにも、情報が整理してあるので、それぞれの違いを比較しやすくなります。エントリーシートを書く際もスムーズになるでしょう。

 

また企業情報が書かれた本や資料だと、かさばるし持ち運びが大変ですよね。しかし企業研究ノートで自分に必要な情報だけをまとめることで、移動中や面接直前でも気軽に見返せるようになります。

 

企業の情報はどう集める?

ここからは、企業研究ノートの作り方を具体的にご説明します。まずは「企業の情報ってどう集めたらいいの?」という疑問にお答えします。

 

最初に企業ホームページや書籍、新聞などから情報を集めて企業研究ノートをつくり、それを手に会社説明会やOB・OG訪問、インターンシップなどに参加すると、より企業理解が深まるのでおすすめです。

 

▼合わせて読みたい!

企業研究のやり方|納得する仕事人生を送るために必要なこと - ライトハウス就活ガイド

 

①企業ホームページ・採用サイト

最初にチェックするべきなのが、企業の公式ホームページや採用サイトです。ホームページには企業の沿革や事業内容などの基本的な情報はもちろん、理念や社風といった「その企業らしさ」が詰まっています。すみずみまで読んで、外からは見えにくい企業の雰囲気まで感じ取って、志望企業の選択に役立てましょう。

 

また採用サイトには、志望企業が求める人材像や就活生へのメッセージなどが明確に打ち出されています。企業研究はもちろん、自己PRや志望動機をつくる際のヒントも満載なので、じっくり読み込みましょう。

 

②書籍

書店に行けば、企業や業界の情報をまとめた書籍が並んでいます。フォーマットが統一されているので、複数の企業を比較するのに便利です。ときには、離職率といった企業の公式ホームページでは見られない情報を知れます。また、それまで意識していなかった企業に出会えることも。

 

特に人気なのは、以下の2つです。

 

【就職四季報】

東洋経済新報社が発行。基本情報はもちろん、採用数・年収・離職率・残業、会社の待遇や働きがいなども掲載。

【業界地図】

業界の市場規模、企業の業界内での立ち位置がわかり、同業他社との違いも理解できるので、全体像を抑える上ではとても有効です。複数の出版社が発行しているので、自分が使いやすいものを選びましょう。

 

③新聞・ニュース

企業の最新の動向を知るには、新聞やニュースがおすすめ。気になった記事をスクラップしておくと、面接対策としても役立ちます。また就活では時事問題について聞かれることも多くあります。志望業界や企業以外の情報もチェックするクセをつけましょう。

 

④会社説明会

就活では「入社後にどんな人たちと働くか」も気になる点ですよね。会社説明会では、実際に働いている社員に会える絶好の機会。ホームページではわかりにくい企業の雰囲気を知るにも役立ちます。複数の企業が集まる合同説明会だったら、企業の比較にもぴったりです。

 

会社説明会は、企業研究ノートを作ってから参加するのがポイント。せっかく社員に会えるのに、ホームページや書籍で知ることができる情報について聞いてはもったいないことです。

 

あらかじめホームページや書籍、新聞などで基本情報をまとめておき、それらをもとに会社説明会で質問すると、より深い企業理解につながります。また会社説明会で気づいたことはどんどんノートに追加していき、内容を濃くしていきましょう。

 

⑤OB・OG訪問

OB・OG訪問も会社説明会と同様、社員のリアルな声を聞ける貴重な場。あらかじめ企業研究ノートを作ってから行ないましょう。

 

OB・OG訪問は、1対1もしくは少人数で行なわれるので、会社説明会では聞けない細かい部分まで聞けるのがメリット。同じ大学に通っていた先輩の話なので、入社後のイメージもしやすくなるでしょう。

 

⑥インターンシップ

企業研究ノートを作ったら、インターンシップにも積極的に参加しましょう。実際に仕事を体験することで生まれる疑問もありますし、会社の雰囲気や働く人の様子を知るチャンスでもあります。入社後の姿をより具体的にイメージできるでしょう。

 

また社員と親しくなれば、他では知ることのできない情報を得られるかもしれません。

 

▼合わせて読みたい!

就活における企業研究とは?選考を突破するために必要なこと - ライトハウス就活ガイド

 

企業研究ノートにまとめるべき7つの項目

企業研究ノートを作るにあたり「何をどこまで研究するべき?」と悩む就活生は多いでしょう。ここでは「最低でもこれだけは押さえるべき」という7つの項目をご紹介します。

 

①基本情報

まずは企業の基本情報。志望企業のホームページや採用サイトから、企業の概要を簡単にまとめましょう。企業研究ノートを手元に置いてエントリーシートを書くことも多いので、業界名や企業名は正式名称で書くのがポイントです。

 

【企業の基本情報】

  • 業界名
  • 企業名
  • 代表者の名前
  • 本社の場所
  • 資本金
  • 売上高
  • 社員数
  • 平均年収
  • 平均年齢
  • 求める人材像
  • 企業理念

など

 

②事業内容

「誰に」「どんな商品(サービス)を」「どうやって」提供しているか、企業のビジネスモデルをまとめます。

 

主力となる製品やサービス、今後展開する予定の事業は何かなど、細かく調べることがポイント。入社後、自分がどのように会社に貢献できるかイメージしやすくなり、自己PRもしやすくなります。

 

③特徴と強み

企業の特徴や強みをまとめます。

 

ポイントは、できるだけ細分化して多く見つけること。競合他社と比較して「この企業ならでは」の強みを見つけられれば、志望動機を書くときに説得力が出ます。

 

また一般的な視点に加え、自分から見て魅力的だと思える点も書いておくと、オリジナリティのある志望動機が書けるでしょう。

 

④業界での立ち位置と将来性

志望企業が業界でどんなポジションにいるか、競合他社と比べて勝っている点や劣っている点をまとめます。

 

将来性を知るには、過去の業績をチェック。順調に伸びていれば、今後の成長も見込めると判断できます。もし業績が落ちていれば、自分なりに原因を考えてみましょう。そうすることで志望企業の抱える弱みや課題点が見えてきます。面接では「当社の課題や改善策は何か?」と聞かれることもよくあります。そのような質問にも慌てずに答えられるでしょう。

 

▼合わせて読みたい!

業界研究とは?就活で遠回りしないためにやるべきこと|手順も詳しく解説! - ライトハウス就活ガイド

 

⑤待遇・制度

どんなにやりがいのある仕事でも、働く環境が悪ければ長く働けません。待遇や制度をまとめて、自分が望む働き方に合っているかチェックしましょう。

 

待遇や制度は企業によってさまざまですが、どこを重視するかも就活生によって千差万別。「仕事でどんどん成長したい」と考えている人には、教育制度や評価制度が重要でしょう。ワークライフバランスを重視する人には福利厚生が重要かもしれません。自分は今後どのように働いていきたいのか、しっかり考えることが大切です。

 

⑥選考フロー

就活対策は早ければ早いほど有利。企業情報と一緒に選考フローを書いておくと便利です。

 

選考スケジュールはもちろん、個人面接か?集団面接か?グループディスカッションのアリナシなど、選考内容を書いておけば、これから何をすべきなのかひと目でわかります。対策も練りやすくなるでしょう。

 

⑦自分が感じたこと

就活が進むにつれて、新たに気づくことや疑問点がたくさん出てくるはず。そうした情報は、ノートにメモ欄を設けてどんどん追加していきましょう。

 

あらかじめ疑問点がまとまっていれば、会社説明会やインターンシップで解消できます。

 

また会社説明会やインターンシップに参加して感じたことも書いておきましょう。「オフィスがキレイだった」「説明会の社員がいい人だった」など、小さなことでも構いません。そこから志望企業決定につながることもありますし、面接での回答がより深くなる可能性もあります。

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!

 

企業研究ノートを作成する際の注意点

企業研究ノートを作るうえで、気をつけてほしい点もあります。ここでは3つの注意点を解説します。

 

企業研究のノートづくりを目的にしない

企業研究ノートを作成する際は、「ノートづくり」を目的にしないように注意しましょう。たとえば、とてもきれいに書いて満足してしまう…では意味がありません。一見ぐちゃぐちゃでも、自分が見て理解できればOK。

 

また「作って終わり」にならないように、ゴールを見据えて作ることが大切。企業研究ノートのゴールは「自分に適した企業か見極める」「差別化できる志望動機を作る」「しっかり面接対策などを行なう」。これらに活用することを前提にして取り組みましょう。

 

作成に時間をかけすぎない

ノートを作るときは、つい時間をかけてしまいがち。上記でもご説明しましたが、ノートづくりに夢中になって時間をかけすぎるのは、本末転倒です。時間だけが過ぎて、その割に進んでいない…となってしまわないように、あらかじめ「どのくらいで作成するのか」時間を決めて取り組みましょう。

 

一度作成して終わりではなく、情報を追加する

企業研究ノートは一度作成したら終わり…ではなく、どんどんアップデートしていきましょう。

 

会社説明会に参加した後、OB・OG訪問の後など、その都度得た情報を追加していくことで、より情報が豊富になっていきます。就活の頼れる味方として、ますます心強くなっていくでしょう。

 

企業研究ノートで使うのはどんなノートが良い?

企業研究ノートで使うノートは、自分が使いやすければ何でも構いません。しかし情報が追加されたり、企業の順番を入れ替えたりすることを考えると、ルーズリーフが便利です。

 

またコンパクトにまとめようと小さいサイズにしてしまうと、ページ数がかさんで見づらくなってしまう可能性も。A4など大き目の紙だと1ページにまとめられるので、おすすめです。

 

まとめ

企業研究ノートは、作って終わりではありません。まとめた情報を志望企業の決定や志望動機の作成、面接などに活かしてこそ、価値があります。また選考が進んだり、会社の方とお会いする中で新しい情報が得られたら、追加して書くなど情報をアップデートしていくことも大事です。

 

しっかり作れば、就活中だけでなく、入社後のミスマッチ防止にも役立ちます。よりよい社会人生活をスタートさせるためにも、ぜひ作成に取り組んでほしいと思います。

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!