2024卒向けの情報メディアです

インターンシップ選考で勝てる自己PR|何を見られているの?

新卒採用による入社の前に、就活生が実際の仕事を体験できるプログラム、インターンシップ。「志望している業界で働くイメージを、もっと具体的に持っておきたい」「気になっている企業とのつながりを作っておきたい」などの理由で、インターンシップ募集への応募を考えている方も多いことでしょう。

 

企業側としてもインターンシップを開催することで、できるだけ優秀な学生に接触したいと考えています。人気企業になると、インターンシップの倍率も高くなります。そこで重要なポイントとなるのが自己PRなのです。

 

とはいえ特に就活が本格化する前であれば、「インターンシップの自己PRをどう書けばいいのか」というイメージはイマイチ湧きにくいものだと思います。そこでこの記事では、インターンシップにおいて自己PRが重視される理由から、インターンシップでの採用率を高めるための自己PRの考え方、ちょっとした工夫で相手に良い印象を与える書き方まで解説。インターンシップの選考通過できる、効果的な自己PRの書き方を学んでいきましょう。

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!

 

インターンシップとは?目的、メリットを理解して就活を前に進めよう - ライトハウス就活ガイド

インターンシップにおいて自己PRが重要な理由

インターンシップの選考において自己PRが重要とされるはなぜでしょうか。その理由は企業がインターンシップを行なう動機にあります。企業にとって、インターンシップは「就活生の間で自社や募集職種の認知度を高める」ために実施します。また「自社で活躍してくれそうな学生とのつながりを持つ」「実際に仕事を体験してもらい、希望や適性をお互いに理解することで本採用後のミスマッチを防ぐ」といった目的もあります。

 

つまりインターンシップは企業にとっても“お試し”ではありますが、明確な目的を持った上で行なわれています。だからこそ、選考においても「なぜ自社のインターンシップに参加しようと思ったのか」という目的が重視される傾向にあります。そうした動機や意欲をアピールできる大きなポイントが「自己PR」です。

インターンシップの自己PRで見られているポイント

ではインターンシップで採用されるためには、どのような自己PRを書いていけばいいのでしょうか。効果的な自己PRを作成するための第一歩として、インターンシップの選考において、企業がどんな点に注目して自己PRを評価しているのかを知っておきましょう。

インターンシップへの意欲

先に述べた通り自己PRにおいて企業が知りたがっているのは、「なぜその企業のインターンシップに参加したいのか」ということです。自己PRを考える際には、「インターンシップ参加への意欲や、『インターンシップを通じてどんなことを学びたいか』をしっかりアピールする」ことを、目的として常に意識しておきましょう。

 

またインターンシップに参加する就活生には、実際にインターンシップが始まった後の業務における積極性や行動力も期待されています。意欲だけでなく、「インターンシップにおいても自主的に動く心構えがあること」も伝えられると、より採用につながりやすくなります。

価値観や人間性が社風にマッチングするかどうか

本採用の選考と同じようにインターンシップの選考においても「自社の社風や雰囲気、仕事内容に合う人物かどうか」は良くチェックされるポイントの1つといえます。

 

「就活生の持つ価値観が自社に合っているか」「企業理念や目標を共有できそうか」といった面も見られるため、企業の理念や社風などとリンクした内容の自己PRは評価されやすいです。

 

ただし、アピールが必要だからといって、見栄を張り過ぎてしまうのは逆効果。自分をより立派に見せたいあまりに虚偽の内容を混ぜてしまうと、インターンシップ開始後に企業側と就活生側の認識にギャップが生じてしまい、お互いにとって損失やトラブルにつながるおそれがあります。良い印象を与えられるよう伝え方などは考慮しつつも、飾らない自分自身を見せていくことを大切にしていきましょう。

能力やスキル

インターンシップの採用であっても、その企業のビジネスや仕事に関わるスキル・実績はやはり評価される傾向にあります。特に、成果物や受賞歴など、形として残っている具体的な実績があれば、積極的にアピールしていきましょう。

 

とはいえ、本採用より早い時期に行なうインターンシップの選考では、必ずしも関係するスキルや経験が重視されるわけではありません。むしろ「“人に分かりやすく伝える力”があるかどうか」がより重視される場合も多いのです。自分の強みを棚卸しすることも大事ですが、後述する書き方も押さえながら内容が分かりやすい・読みやすい自己PRを作成することを第一に心がけましょう。

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!

 

インターンシップの自己PRを書くための準備

企業が自己PRで見ているポイントを押さえたところで今すぐに自己PRが書けるようになるわけではありません。いきなり自己PRを書こうとすると、「どこからどう書けばいいのか分からない」という事態に陥ってしまいがち。

 

そこで重要になるのが「書くための事前準備」です。一見遠回りに思えるかもしれませんが、ここで紹介する準備を事前に行なっておくことで、結果的に自己PRをより分かりやすく、よりスピーディーにまとめやすくなります。

企業やインターンシップの詳細について調べる

いくら“お試し”とはいえども自社にマッチングするような人材を企業が求めていることに変わりはありません。企業としては、インターンシップの募集だとしても、自社のことや、インターンシップの内容についてあまり知らなそうな就活生を採用しようとは思わないもの。

 

次に説明する2つのステップを円滑に進めるためにも、興味のあるインターンシップを見つけた後は、企業の事業や動向、インターンシップを開催する背景などの調査を怠らないようにしましょう。

インターンシップの目的を明確にする

すでに何度も言及している通り、インターンシップの選考においては動機や意欲が重視される傾向にあり、「インターンシップへの熱意や目的を具体的に、明確に説明できるかどうか」がカギになると言っても過言ではありません。

 

その企業のインターンシップに興味を持ち、参加したいと思うまでには、何かしらのきっかけや理由があるはずです。それらを「何となく」で終わらせず、しっかりと掘り下げて、人に伝えられるまで言語化していくことを目指してみてください。目的を言語化していくなかでアピールできそうな強みや、それを裏付けるエピソードなども見えてくることでしょう。

企業の視点に立って自分の強みを考える

エントリーシートなどの自己PRの作成にあたって欠いてはならないのが自己分析です。しかし、ただ自分の強みや実績を明らかにするだけに留まっていては、効果的なアピールになるような自己PR作成は難しいでしょう。

 

採用される確率を高めるにはさらに一歩踏み込んだ分析が求められます。というのも、そもそもインターンシップの実施や採用は、企業にとっては本採用と同じようにコストのかかる行為です。

 

それでも行なっているのは、前述のような「認知度アップ」「就活生とのつながりを持つ」「本採用後のミスマッチを防ぐ」といったメリットがあると見込んでいるからであり、当然、採用する就活生がメリットをもたらしてくれることを期待しているからでもあります。

 

だからこそ下記のように考え、企業について調べたデータと、目的を明確化するなかで掘り下げた自身の動機や強みをかけ合わせる視点で自己PRを練っていくと、採用される確率をグッと高めることができるでしょう。

  • 自分をインターンシップで採用すると企業にとってどんなメリットがありそうか
  • 企業のメリットにつながる形で、自分の強みをどのようにアピールできそうか

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!

 

インターンシップで選ばれるための自己PRの書き方

ここまでしっかり準備を行なっていれば自己PRに書く内容に関して悩んだり、つまずきを感じたりすることは少ないと思います。しかし、せっかく内容が固まっても、書く際のテクニックやコツを全く意識せず、自分の書きたいように書いてしまうのは非常にもったいないことです。実はちょっとした書き方の違いだけでも、選考を通過する可能性を高めることにつながります。

 

ここからはあなたが懸命に考えた自己PRを、さらに印象良く見せるための書き方をご紹介します。

結論から書く

どれほど魅力的なエピソードやアピールポイントを持っていて、どれほど企業側の視点に立った自己PRを考えたところで、肝心の内容や意欲をしっかりと理解してもらえないことには意味がありません。

 

エントリーシートをはじめ、自己PRを記入する欄はスペースが限られていることが多く、長文を書くのは難しいというのが事実。考えたままに自己PRを書き連ねてしまっては、企業にとっても情報が読み取りにくくなってしまいます。だからこそ限られたスペースで「結論や最も伝えたいポイントを最初に書く」書き方を実践してみましょう。要点がしっかりと伝わりやすくなる上に、読みやすい文章にまとまり、好印象も持たれやすくなります。

 

さらに「結論ファースト」はビジネスシーンでも多用される伝え方であるため、自己PRの時点でこれを意識しておくと、「業務上においても簡潔に情報を伝える力がある」というアピールにつながるメリットも期待できます。まずは結論から述べる文章構成方法や、自己PRの良い例として提示されている例文などを調べ、

  • どんな文章が「結論ファースト」と言われているのか
  • 自分が読みやすい・分かりやすいと感じた文章は、どのような構成・表現で書かれているか

と考えるところから始めると良いでしょう。たとえば、よく知られている文章構成の一例として、「PREP法」というものがあります。これは、下記の流れで展開する、シンプルながら伝わりやすく、汎用性も高い方法です。

  1. 結論(Point)   例:私の強みは◎◎です。
  2. 理由(Reason)  例:その理由は、◎◎だからです。
  3. 具体例(Example)  例:学生時代に◎◎という経験をしました。
  4. 結論(Point)   例:以上のことから、私の強みは◎◎であると考えます。

こうしたテクニックも活用しつつ、「初めてこの文章を読む人にも内容が理解できるか」を意識しながら、自己PRをつくっていきましょう。

具体的なエピソードを伝える

強みをアピールするにしろ、熱意を伝えるにしろ、その根拠となって説得力を高める具体的なエピソードは、非常に重要な要素です。

  • どのような経験から、今アピールしている強みを得たのか
  • その強みをどのように活かし、どんな成果を得たのか
  • どんなきっかけでインターンシップに参加しようと思ったのか

といったことが説明できると、企業側により深く納得してもらえるだけでなく、自己PRを「自分だけの唯一無二のもの」にして、ほかの就活生と差別化を図れるようになります。自己PRにおいては、伝えたいポイント(結論)と必ずセットで、リンクするエピソードを簡潔にまとめるようにしましょう。

必要な内容だけに絞る

自己PRに限った話ではありませんが、エントリーシートや履歴書などに、伝えたいことの全てを詰め込む必要はありません。むしろ、情報を詰め込みすぎると読みづらくなってしまい、あまり良い印象を与えられなくなってしまいます。

 

選考書類の時点で全ての内容を書いてしまうと、面接に進んで面接官から質問された際に、話を広げたり、アピールしたりすることが難しくなってしまうおそれも。一通り自己PRを書き終わったら、「必要以上に内容を詰め込みすぎていないか」をチェックしてみてください。

 

ただし、読みやすさに気を取られるあまり、伝えるべき内容まで削ってしまって、選考する側が自己PRの要点自体を理解できなくなってしまっては元も子もありません。「内容を削りすぎていないか」も同時に意識しながら、過不足なく、バランス良く文章を調整することを心がけましょう。

 

調整の基準としては、先に挙げた「初めてこの文章を読む人にも内容が理解できるか」という点にプラスして、「面接で直接自己PRを伝える際に、面接官に事前に理解していてほしい情報が伝わりそうか」なども考えてみることをオススメします。

インターンシップの志望動機|選考を突破する方法は? - ライトハウス就活ガイド

インターンシップの自己PRは本選考でも役立つ

新卒採用よりも動機や目的、意欲が重視されるインターンシップ募集においては、「結論ファーストで分かりやすくまとめながらも、意欲や熱意が伝わる文章」が採用につながるカギとなります。

 

一方で作成の手順においては、企業の視点に立った自己分析や文章構成の考え方など、新卒採用に向けた自己PR作成に通じるポイントも、実は多く存在しています。

せっかくインターンシップへ参加できるチャンスがあるのであれば、インターンシップ募集に向けた準備も就活全体のチャンスと捉え、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

インターンシップは、自分の就活の軸をより具体化したり、志望の業界や企業に就職しやすくなったりするきっかけになり得ます。「就活の一歩」を踏み出す点でも、自己PR作成に力を入れることが重要です。インターンシップへの参加経験はもちろん、応募経験も就活に大いに役立ちます。この記事を参考に、自分のこれまでの経験や強み、書き方もしっかり押さえて、志望したインターンシップへの採用を目指してください。

インターンシップ面接では何を見られている?質問例や準備のコツを解説 - ライトハウス就活ガイド

 

日本最大級の会社口コミサイト「ライトハウス」に会員登録

企業研究やエントリーシートなどの情報収集にも役立つ!