話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

<資生堂 vs コーセー>春を彩る化粧品業界大手で働く社員の声は?

2016/04/06

日本国内における化粧品メーカーといえば資生堂とコーセーですよね。業績や規模では資生堂に軍配が上がりますが、実際に働く社員・元社員の評価はどうなのでしょうか?今回は『カイシャの評判』のなかから資生堂とコーセーの会社分析レポートを比較!社員・元社員がどう見ているのかをチェックしてみましょう。

平均年収への納得度は資生堂に!

01_SHIvsKOS

まずは平均年収への納得度から見ていきましょう。資生堂は69点なのに対し、コーセーは49点。資生堂が上回りました。

※回答者の平均年収になるため、実際の平均年収額とは異なります。

平均残業時間への納得度も資生堂に!

02_SHIvsKOS

続いて平均残業時間への納得度はどうでしょうか?資生堂は73点なのに対し、コーセーは58点。こちらも資生堂が上回りました。

※回答者の平均勤務時間になるため、実際の平均勤務時間とは異なります。

福利厚生への納得度も資生堂に!

03_SHIvsKOS

福利厚生への納得度はどうでしょうか。資生堂が84点なのに対し、コーセーは64点。こちらも資生堂が上回りました。

教育・研修制度への納得度も資生堂!つよい!

04_SHIvsKOS

教育・研修制度への納得度を見てみましょう。資生堂が77点なのに対し、コーセーは67点。資生堂、強い…!

会社の将来性・成長性についても資生堂に!

05_SHIvsKOS

会社の将来性・成長性に関してはどうでしょうか。資生堂が77点なのに対し、コーセーが71点。こちらも資生堂が上回りました。

気になる評判スコアは?

06_SHIvsKOS

最後に、評判スコアについてチェックしてみましょう。資生堂が77点なのに対し、コーセーが70点。こちらも資生堂が上回りました。各項目をチェックしてみると、【職場の人間関係】【責任・権限のある仕事】に関しては近しい結果が出ているということがわかります。

※スコア、およびグラフは2016年4月5日時点のものです。


さて、いかがでしょうか?すべての項目で資生堂が上回っていますが、将来性・成長性と評判スコアについてはかなりコーセーが迫る結果が出ています。今後両社がどのような動きを見せていくのか、引き続きチェックしていきたいですね。

≫両社の比較をもっと見る
≫資生堂のクチコミはこちら
≫コーセーのクチコミはこちら
≫評判スコアとは?

ぜひ、あなたが所属する、過去所属した『カイシャの評判』も、こちらから投稿してください!

会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら