話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

スーパーゼネコンの平均年収や仕事のやりがいは?清水・竹中・鹿島・大成・大林社員のクチコミ比較

2016/05/17

2020年に向けて活況になっていくゼネコン業界。就職先・転職先として志望する人も多いのではないでしょうか。今回は業界のなかでも「スーパーゼネコン」と呼ばれる清水建設、竹中工務店、鹿島建設、大成建設、大林組の5社をピックアップ!平均年収と仕事のやりがいに迫ってみます。

チャレンジに積極的な人が輝ける場所|清水建設

まずは清水建設から見ていきたいと思います。

01_shimizu_matome_genecon

平均年収への納得度は66点でした。仕事のやりがいに関するクチコミをチェックしてみたいと思います。

清水建設 の社員の声はこちら

[30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
年間1件ペースで新築工事に携わることが出来、多くの事を学ばせて頂きました。
仕事をどこまで突き詰めるのかは本人次第。やりたいところまで深く関わらせてもらうことが出来ました。
マニュアルでは実現できない経験の積み重ねがものをいう一品生産。
それぞれの個人力だけでは及ばない組織としてのベクトルの強さはやはり魅力です。
[50代 / 男性 / 現社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
【新しいことにチャレンジしやすいか】最近は特に新しいことに対するチャレンジが推薦されている。またそれに対する理解も深い。
[30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
【上司への意見・提案の言いやすさ】提案しやすかったです。部活の先輩のように年の近い上司が担当してましたので、部長クラスの前にワンクッションおくことで改善提案しやすく、レスポンスも速かったです。

    求められるのは成長|竹中工務店

    続いて竹中工務店を見てみましょう

    02_takenaka_matome_genecon

    平均年収への納得度は77点でした(今回ご紹介した5社のなかでは最高得点)。仕事のやりがいはどうでしょう??

    竹中工務店 の社員の声はこちら

    [30代 / 男性 / 現社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
    当社は教育体制もしっかりしていますが、原則は自己研鑽により、社員一人ひとりが成長していっていると感じます。
    建築は、高等専門学校、大学、大学院等を卒業しても、実践ではほとんど即戦力にはなれず、プロジェクトを通して、習得することで、ようやくプロに近づける業界です。(他の業界もそうだと思いますが)
    なので、成長していかないと、いつまでたってもプロジェクトを任せてもらえないということになりますが、実際は各自が成長していっているので、ほとんどの方は、10年である程度の仕事ができるようになります。
    最近は建築+αで、建築と関係ありそうで関係ないような資格をとりながら、フィールドを広げている社員もあり、そういう話を聞くと、私もやらなくてはと思います。そういう切磋琢磨のよい風潮があると思います。
    [20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
    仕事のやりがいは人によって、配属された現場によって異なると考えられます。建築が好き、誰かに指示をして自分ですべてを管理することができるリーダーシップを持った人が適任です。やはり、建物が完成した時は大きな感動を味わえます。一方で、人に作らせるという行為が目についてしまう人には向かないと考えられます。自分で計画して指示をして、ものを作らせるという仕事がものづくりだと思うことができれば長く続けられると思うし、自ら手を動かしてものづくりをしたいという人には向いていないと思います。

      日々、自分のステップアップを実感できる|鹿島建設

      鹿島建設はどうでしょうか?

      03_kajima_matome_genecon

      平均年収への納得度は67点でした。仕事のやりがいは?

      鹿島建設 の社員の声はこちら

      [40代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 建築・土木系エンジニア]
      【キャリアアップを目指せる環境か】学ぶことが多かったので常日頃、少しずつキャリアアップしていたかと思います。
      [20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 医薬・化学・素材・食品系専門職]
      【責任や裁量権について】自分自身が望んで、その仕事の責任に見合うだけの用意があることを提示すれば、どんな立場の方でも責任を与えられるように感じました。
      [30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
      更地から大きな建物が出来上がるのを間近に見れ、自分もそれに関われること。 大変なこともたくさんありましたが、竣工を迎える時はいつも感慨深いです。

        高い技術が求められる環境でウデを磨ける|大成建設

        続いて大成建設を見てみたいと思います。

        04_taisei_matome_genecon

        平均年収への納得度は76点でした。仕事のやりがいはどうでしょうか?

        大成建設 の社員の声はこちら

        [20代 / 男性 / 元社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
        専門的には、国内でもトップレベルのスキルや独創性を身につける事ができた。
        [20代 / 女性 / 元社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
        他にはできない、高い技術のものづくりに関われること。作業所事務は非常にハードな仕事だが、その分、建築物が完成した際の喜びは計り知れないものがある。日々、建設業界のダイナミックさを感じる仕事があるとおもいます。
        [30代 / 男性 / 元社員(非正社員) / 建築・土木系エンジニア]
        公共事業等のインフラ事業に関する仕事ができるため、社会貢献につながる仕事だと思う。作業をしているときは工期など大変であるが、出来上がった施設を多くの人が利用している事を考えると、仕事にやりがいを感じられる。

          世の中の役に立つ建造物を手がける醍醐味|大林組

          最後は大林組について見てみましょう。

          05_obayashi_matome_genecon

          平均年収への納得度は74点でした。仕事のやりがいについても見てみましょう。

          大林組 の社員の声はこちら

          [30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 建築・土木系エンジニア]
          大きな建造物の施工管理を経験することができやりがいに満ち溢れていると思います。日々こくこくと現場が進んでいるため、退屈することなく充実した勤務を行うことができます。勤務や残業時間については現場によりまちまちでした。
          [40代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
          【誰にどんなことで役立っているか】建物、道路、みんなが使う物がこうやって造られていくんだ、というのを目の当たりにすると、世間に広く役立っていると思う。
          [20代 / 男性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
          【新しいことにチャレンジしやすいか】できると思う。支援部門が充実しているので、新しいことにチャレンジする際の相談窓口が何かとある。

          以上がスーパーゼネコンの平均年収への納得度、仕事のやりがいに関するクチコミを比較した結果です。こうやってクチコミを見てみると、風土の違いが見えてくるのではないでしょうか。スーパーゼネコンへの転職・就職を志望している方はぜひ業界理解に役立ててください。他のクチコミも見たいという方は、ぜひ下記をチェックしてくださいね。

          ≫清水建設のクチコミはこちら
          ≫竹中工務店のクチコミはこちら
          ≫鹿島建設のクチコミはこちら
          ≫大成建設のクチコミはこちら
          ≫大林組のクチコミはこちら
          ≫不動産・建設関連の会社のクチコミはこちら

          会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

          カイシャの評判ジャーナルをフォロー

          <定期更新>いいね!して
          最新情報を受け取ろう。

          カイシャの評判ジャーナルの
          最新情報をお届けします

          Twitterはこちら

          Google+ページはこちら