話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

ハッピーターンに「ハッピーリターン」!? 亀田製菓の再雇用制度はうまくいくのか。

2016/10/03

「亀田の柿の種」や「ハッピーターン」など、お茶の間には欠かせないせんべいやスナックの製造を手がける亀田製菓。この亀田製菓に、昨秋登場した制度が「ハッピーリターン制度」。ハッピーターンじゃなくて「ハッピーリターン」!? そう思った人は必見! さっそく亀田製菓の「ハッピーリターン制度」について見ていきましょう。

亀田製菓が昨秋にスタートした「ハッピーリターン制度」とは

kameda_01

新潟県新潟市に本社のある亀田製菓株式会社が、2015年11月1日に導入した新制度が「ハッピーリターン制度」。これはひと言で言うと、退職者の復帰登録制度。結婚や妊娠・出産、育児、介護、看護、病気やケガ、夫または妻の転勤……といったさまざまな事情で退職した元従業員に優先的に復職する機会を設けるという制度です。

育児や介護などの理由で一度退職してしまうと、再就職するのが難しい今のご時世。やむなく辞めた会社に戻りやすくなるのは、とてもありがたいですよね。また、会社にとっても優秀な人材の確保という面ではプラスになるようです。

復職後、職場になじめる!?

kameda_03

さて、「ハッピーリターン制度」を利用して復職できたとしても、職場にまたなじめるのだろうかと不安になる人も多いのではないでしょうか。そこで、企業分析・研究レポートを見て、傾向を探ってみましょう。まず、「中途社員が活躍している」と答えた人の確率を見てみると、57%となかなか高いことがわかります。あわせてクチコミも見てみましょう。

kameda_中途

亀田製菓 の社員の声はこちら

[30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
【中途入社でもなじめる環境か】中途入社でも馴染める風土だと思います。私も新潟自体が初めてでしたが、環境にも馴染めるようにして頂けました。
[20代 / 女性 / 現社員(正社員) / 営業系]
【中途入社でもなじめる環境か】中途入社の方は多いように感じます。業界的にも会社的にも非常に遅れているので、新しい業界から斬新な風を吹き込んでほしい。
[50代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
【中途入社でもなじめる環境か】中途入社でも馴染みやすい風土であり、特に、35歳までは即戦力として期待されることが多い。

    中途社員がもともと多く、馴染みやすい環境であるようです。また、即戦力として重要な仕事を任せてもらうチャンスも期待できそうです。

    復職後、長く働き続けられる!?

    kameda_02
    kameda_定着性

    最後に、復職後、長く仕事を続けていけるのかについても見ていきたいと思います。企業分析・研究レポートによると、「社員の定着性への納得度」は圧巻の80点。長く続けられる環境が十分に整っていることが伝わってきます。クチコミもチェックしましょう。

    亀田製菓 の社員の声はこちら

    [20代 / 女性 / 現社員(正社員) / 営業系]
    【風通しのよい会社か】良いと思う。特に若いうちは、多くの場所で自分の意見を言うことを求められる。それに対して咎めるなどはない。上司によるところもあるが、常識の範囲内で自由にやって、失敗しても次はこうしよう、と一緒に考えてくれる。
    [30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
    【風通しのよい会社か】人間関係もよくよく飲みに行ったりしていました。お昼もよく一緒に食べたりしました。
    [50代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
    【新しいことにチャレンジしやすいか】個人の目標に対して意見をだせば、どんどんチャレンジできる環境である
    [30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
    【新しいことにチャレンジしやすいか】割とチャレンジしやすいのではないかと思います。アイデアがあれば上の方に話しやすいと思います。

      これらのクチコミからは、風通しのよさや、新しいことへのチャレンジしやすさがわかります。かつて頑張ってきた会社に戻り、心機一転頑張ってみるのもよいかもしれませんね。


      いかがでしたか? 今回は亀田製菓の「ハッピーリターン制度」に注目してみました。亀田製菓のその他のクチコミはこちらからどうぞ。

      ▼亀田製菓の「カイシャの評判」はこちらから!

      kameda_hyouban

      会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

      カイシャの評判ジャーナルをフォロー

      <定期更新>いいね!して
      最新情報を受け取ろう。

      カイシャの評判ジャーナルの
      最新情報をお届けします

      Twitterはこちら