話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

“人を活かす会社”2年連続首位《SCSK》の原動力!「スマートワーク・チャレンジ」の社内評価は?

2016/10/05

日本経済新聞社が行なう「人を活かす会社」調査で、2014〜2015年の2年連続で1位に輝いた経歴を持つ、ソフト開発大手のSCSK。同社が“働きやすく、やりがいのある会社”を目指して取り組んでいるプロジェクトのひとつが「スマート・ワークチャレンジ」です。一体どんな取り組みなのか、企業分析・研究レポートや社員・元社員のクチコミを交えてご紹介します。

※スマートワーク・チャレンジとは?…「より効率的(スマート)に働き(ワーク)、目標(有給休暇20日取得、平均月間残業20時間未満)に挑戦する(チャレンジ)」というもの。詳細は公式HPへ。

平均月間残業時間の削減はうまくいってる?

scsk_01
scsk_時間

SCSKの社員・元社員が答えた平均勤務時間は8〜9時間。1カ月あたりの残業時間は20時間未満となりました。回答者の納得度が72点と高いのも納得できる結果です。社員・元社員のクチコミも見てみましょう。

SCSK の社員の声はこちら

[30代 / 男性 / 現社員(非正社員) / IT系エンジニア]
勤務時間は必ず打刻したものが反映されますので、残業代をごまかして削るようなことがなく、安心して業務に専念出来ます。後は特にありません。勤怠時間に対しては凄く透明性がある会社だと思いますので良いと思います。
[50代 / 男性 / 元社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
残業を減らす取り組みが素晴らしい、残業しなくても、大体30時間分の残業代が給与に付加されるのは大変素晴らしい取り組みで残業を減らす取り組みをトップの社長自らが、先頭に立って強烈に取り組んだ結果、無駄な残業はへり社内も残業あり気の雰囲気が無くなった。
[50代 / 男性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
現場では残業はほぼない。人事社員は早出などし適切につけていないケースは暗黙の了解を得ているようだ。拠点オフィスは非常に洗練されており、食堂や専門の売店、時間中の利用も可能なマッサージ室や診療所もある。

    クチコミを見ると、トップ主導のもと、かなり本気度の高い取り組みがなされていることがわかります。SCSKでは、月間残業20時間以下を目標に、フレックスタイム・在宅勤務など、さまざまな仕掛けを導入。その結果、2011年度に月間28時間だった残業時間を、2014年度には18時間にまで削減することに成功しました。

    残業をしないほうがおトク?な給与制度に変更!

    scsk_02
    scsk_年収

    回答者の平均年収は586万円(平均年齢:34.4歳)という結果になりました。具体的には「課長クラスで700万円、部長クラスで1000万以上の年収。マネージャークラスで500-600万だと思う(50代 / 男性 / 元正社員/ 企画・事務・管理系)」というクチコミもあり、福利厚生や有休消化率なども含めて考えると同業他社と比較しても高水準のようです。

    SCSKは、全正社員に残業時間の有無にかかわらず、20時間または34時間の残業時間相当額を手当として給与に上乗せ支給するという人事制度の改正を行なったようです。これにより、残業手当の減少などを気にすることなく、効率的に働けるようになったとの声も。

    有給休暇の完全取得に挑戦!

    scsk_03
    scsk_有給

    回答者の平均有給消化率について見ると、60〜80%という高確率であることに驚かされます。それもそのはず、SCSKでは「有給休暇の完全取得」もプロジェクトの目標のひとつに掲げています。全社の休暇取得状況は毎月の役員会で報告され、社内ポータルにもトップからのメッセージとともに掲載。その結果、2011年度に67%(13日)だった有給取得率が、2014年度には98%(19日)まで上昇しました。社員・元社員のクチコミも見てみましょう。

    SCSK の社員の声はこちら

    [30代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系]
    有給100パーセント消化が必須。
    残業を20時間以下にしなければ、自分だけでなく上司評価にも影響するため、評価を気にせず休みを取ることができる。むしろ、上司が休めと指示してくる意識の高さなのはありがたい。
    [50代 / 男性 / 元社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
    有給消化率100パーセントを義務化するくらい、有給消化に対して取り組んでいる、トップの社長自らが先頭で理想な状態を掲げて真剣に取り組んでいる。休日の休暇はもちろん、休日出勤した場合は必ず代休は取らなければならない。

      クチコミからも、会社全体で有給消化への取り組みがなされていることが伝わってきますね。/p>


      いかがでしたか?今回は、“人を活かす会社”トップのSCSKで行なわれている「スマート・ワークチャレンジ」について取り上げました。その他のクチコミはこちらからどうぞ。

      ▼SCSKの「カイシャの評判」はこちらから!

      scsk_hyouban

      会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

      カイシャの評判ジャーナルをフォロー

      <定期更新>いいね!して
      最新情報を受け取ろう。

      カイシャの評判ジャーナルの
      最新情報をお届けします

      Twitterはこちら

      Google+ページはこちら