話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

NTTコミュニケーションズは星3つ!女性活躍推進を表す「えるぼし」って知ってる?

2016/10/07

2016(平成28)年4月の女性活躍推進法の施行にともなって始まったのが「えるぼし」認定制度。『子育てサポートの「くるみん」と何が違うの?』と思う人も多いと思われるこの制度の詳細と、早速「認定段階3」というトップランクに認定された企業例として、NTTコミュニケーションズのカイシャの評判をあわせてご紹介します。

女性の活躍推進状況を格付けする「えるぼし」

NTT_01

2016(平成28)年4月1日に施行された女性活躍推進法。これにともなって、従業員301人以上の企業に、女性活躍に関する行動計画の策定や情報の公表が義務づけられました。同時に創設された女性活躍の認定制度が「えるぼし」です。

「えるぼし」は「採用」「継続就業」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5項目を評価し、基準を満たした項目数に応じて、星1つ〜3つの3段階(認定段階1〜3)に認定されます。認定を受けた企業は、認定マークを商品や広告、名刺、求人票などに使用でき、女性活躍推進企業であることをアピールできます。また、「公共調達における加点評価」と「日本政策金融公庫による低利融資」の対象になるというメリットもあります。

義務企業(301人以上の大企業)による行動計画策定の届出率は4月末時点で85%となり、全国で46社の企業が「えるぼし」企業として認定されました。

※「えるぼし」と「くるみん」は何が違うの?

厚生労働省による認定制度として、先にスタートした「くるみん」。「くるみん」は、次世代育成支援対策推進法に基づき、行動計画を策定し、計画に定めた目標を達成するなどの一定の要件を満たした企業が受けることのできる「子育てサポート企業」認定です。女性が働き続けられるかどうかの指標である「くるみん」に対し、女性が活躍できるかどうかの判断に役立つのが「えるぼし」です。「えるぼし」は、行動計画の達成の状況ではなく、現状の数値または実績が評価されるという点でも「くるみん」とは異なります。就職・転職を考えている女性は、この2つのマークを参考にするとよいでしょう。

三ツ星認定企業「NTTコミュニケーションズ」の状況は?

NTT_02

NTTコミュニケーションズは、「えるぼし」の認定段階3、つまり三ツ星に認定された企業のひとつです。同社の企業分析・研究レポート、社員・元社員のクチコミから女性活躍状況を探ってみましょう。

【勤務時間】

NTT_時間

「えるぼし」の認定基準のひとつに労働時間等の働き方があり、時間外労働・休日労働時間の合計時間数の平均が45時間未満であることが基準となっています。NTTコミュニケーションズの回答者の平均勤務時間は9〜10時間。月あたり残業20〜40時間に相当するので、条件をクリアしていることがわかります。社員・元社員のクチコミも見てみましょう。

NTTコミュニケーションズ の社員の声はこちら

[30代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
残業時間は非常に短かく、プライベートな時間を有意義にすごせる。また、基本的に年間で360時間以内のみ残業が認められており、それ以上は組合対応となるため、管理もしっかりしている。しかし、残業代で給料を稼いでいる事実もあり、少なすぎると厳しい。
[40代 / 男性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
基本的にカレンダー通りに休める。休日出勤をした場合でも週休変更で休みが取れる。また、ほとんどの社員は有給休暇をほぼ消化できる。

    クチコミを見ても、残業が少なく、休みもしっかり取れていることが伝わってきます。公式HPによると、2014(平成26)年10月〜2015(平成27)年9月末までの有給休暇取得率は80.3%。クチコミ通り、有休が取得しやすい環境であるようです。

    【社員の定着性、キャリアアップ】

    NTT_定着率
    NTT_女性管理職

    企業分析・研究レポートによると、社員の定着性への納得度は80点! 女性の管理職が比較的多いかどうかを尋ねた項目では、「YES」と答えた人が39%にとどまりましたが、係長級では6.6%、管理職では4.7%、役員では5.1%が女性であるようです(厚生労働省「女性の活躍推進企業データベース」より)。キャリアアップについて、社員・元社員のクチコミも見てみましょう。

    NTTコミュニケーションズ の社員の声はこちら

    [30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / IT系エンジニア]
    【キャリアアップを目指せる環境か】キャリアアップに関しては目指せた方だと思います。各々が自分の目指すものに向かって勉強しやすい環境ではあったと思います
    [30代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
    【新しいことにチャレンジしやすいか】新しいチャレンジはしやすい環境でした。上司が部長という事もあり決定権が部長にほぼありましたので、なんでもすぐに取り組めました。
    [20代 / 女性 / 現社員(非正社員) / IT系エンジニア]
    【成長できる環境か】知識のない状態で勤務しだしたが、わからないことは丁寧に教えてくれ、成長できる環境。
    [30代 / 女性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
    【成長を実感できるか】社内調整力や政治力などの大企業で昇格していく方法は身につくが、外でも通じる専門スキルよりもジェネラリストとして成長する

      クチコミからは、「この会社で何をしたいのか」をきちんとイメージできていれば、そこに向けてキャリアアップしていけそうな様子がうかがえます。


      いかがでしたか?今回は今年新たに創設された女性活躍推進認定制度「えるぼし」と、三ツ星獲得企業の例としてNTTコミュニケーションズについて取り上げました。NTTコミュニケーションズのその他のクチコミはこちらからどうぞ。

      ▼NTTコミュニケーションズの「カイシャの評判」はこちらから!

      NTT_hyouban

      会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

      カイシャの評判ジャーナルをフォロー

      <定期更新>いいね!して
      最新情報を受け取ろう。

      カイシャの評判ジャーナルの
      最新情報をお届けします

      Twitterはこちら

      Google+ページはこちら