話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

KDDIが取り入れた“インターバル勤務”とは?

2016/10/27

以前、KDDIの「インターバル勤務」が話題になったことを覚えている人もいるかもしれません。RU諸国では当たり前のように企業に義務づけられている制度ですが、頑張りすぎる傾向にある日本人や日本企業にはまだ浸透していないのが現状です。「インターバル勤務」をはじめとするKDDIのワークスタイルに迫ります。

KDDIの「勤務間インターバル制度」とは?

KDDI_01
KDDI_時間

2015年7月、KDDIが全社員を対象にスタートさせたのが「勤務間インターバル制度」です。勤務間インターバルとは、時間外労働を含む勤務終了時刻から、次の勤務開始時刻までに最低8時間は空けるというルールのこと。一般社員は就業規則によって8時間以上のインターバルが設定されていますが、管理職の場合は11時間以上のインターバルを安全衛生管理規定で定めています。これは、頑張りすぎる管理職が多いため。もし、11時間以上のインターバルが守れない日が月に11日以上あった場合は、健康へ影響を考えて産業医との面談を求めるというルールになっています。

企業分析・研究レポートの回答者の平均勤務時間は9〜10時間で、納得度は77点。平均すると1カ月あたり20〜40時間の残業を行っているという数字ではありますが、営業系社員の回答では平均8〜9時間となるなど、少しずつ効果が見られているようです。健康管理だけでなく長時間労働を抑制し、ワークライフバランスの取れた働き方をするためにも、勤務間インターバル制度は大きな役割を果たしてくれそうです。

育児中の社員にもサポート万全

KDDI_02
KDDI_育児

仕事とプライベートをうまく管理していくためには、出産・育児との両立も不可欠です。企業分析・研究レポートによると、出産・育児支援制度があるという項目にYESと答えた人は71%に及びます。

KDDIは、2009年7月に次世代育成支援認定マークの「くるみん」を取得。産前産後休暇や育児休暇はもちろん、育児短時間勤務や子の看護休暇など、さまざまな制度を導入しています。男性の場合は、配偶者の出産予定日または出産後の1カ月前後に3日間を限度とする「出産休暇(有給)」を1日単位で付与。2015年度は269名が取得したそうです。

また、育休からの復帰をスムーズにするための制度も特徴的。育休の社員には休職期間専用のウェブサイトを通じて、上司との連絡やeラーニングを受講することが可能な状態に。産休前と育休復職後にはセミナーを開催し、復職後のキャリアアップも支援しています。2012年度からは復職予定社の上司にもセミナーを行い、情報共有と啓発を行っています。それでは、社員・元社員のクチコミを見てみましょう。

KDDI の社員の声はこちら

[20代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
契約社員ですが、基本的な福利厚生は揃っています。部署によって異なる場合もありますが、有給休暇もほぼ100%消化可能です。産休・育休もありますし、変形労働も可能で実際に同じ部署の妊婦さんも活用されていました。
[20代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
【女性の活躍度】産休、育休が取りやすい環境(正社員)復帰後も時短制度があるので皆活用している。
[20代 / 女性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
福利厚生はとても整っており、有休消化率も悪くないと思います。産休、育休を取得している方も多く、仕事復帰されて2度目の産休、という方も見かけられました。代休もとれ、権利はしっかりと守られていると感じております。

    出産・育児支援制度は、多くの社員に利用されているようです。

    多様な働き方を支援

    KDDI_03
    KDDI_フレックス

    企業分析・研究レポートによると、勤務スタイルが柔軟という項目にYESと答えた人は42%にとどまりましたが、KDDIは柔軟な働き方についても追求しています。ここでは、KDDIで可能なワークスタイルをいくつかご紹介しましょう。

    ■テレワーク勤務制度(在宅勤務)

    2011年6月より、災害発生時など出社制限が生じた場合にも業務を維持できるように、ネットワーク設備を拡充。常時育児・介護を行う社員については、最少で1カ月に1回の出社勤務でよい「支援コース」の設定もあるそうです。

    ■変形労働時間制

    業務量に応じて1カ月または3カ月単位の所定労働時間を変更できる制度。2011年5月からは育児・介護による短時間勤務者も1カ月単位の変形労働時間制が適用され、さらに柔軟な働き方が可能になりました。

    ■裁量労働制

    2012年10月より、職種によって裁量労働制を導入。2016年3月末現在で、約1160名が活用しているそうです。


    いかがでしたか? 今回はKDDIの「働き方」に注目し、報道などで話題になった「勤務間インターバル制度」などを中心にご紹介しました。大企業だけに年収も気になってしまいますよね?気になる人はこちらから、すべてのクチコミを覗いてみてください。

    ▼KDDIの「カイシャの評判」はこちらから!

    KDDI_hyouban

    会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

    カイシャの評判ジャーナルをフォロー

    <定期更新>いいね!して
    最新情報を受け取ろう。

    カイシャの評判ジャーナルの
    最新情報をお届けします

    Twitterはこちら

    Google+ページはこちら