話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

パートタイム社員に年2回の賞与支給!キャリアアップ制度も完備するイトーヨーカ堂

2017/02/21

政府が取り進める働き方改革。その目玉とも言われているのが「同一労働同一賃金」です。このように非正社員の待遇改善が求められる中、注目したいのが株式会社イトーヨーカ堂の取り組み。パートナー社員と呼ばれるパートタイム社員の待遇改善を目指し、キャリアアップ制度や評価制度などを整えてきました。

政府が進める働き方改革の目玉「同一労働同一賃金」

2016年12月20日、安倍晋三首相が開催する第5回働き方改革実現会議で、「同一労働同一賃金」のガイドライン案が示されました。日本における非正社員の給与水準は正社員に比べて低く、欧州諸国と比較しても見劣りするのが実情。政府は非正社員の待遇を改善し、同一労働同一賃金を実現することで、女性や若者などの多様な働き方が可能になると期待しています。また、個人消費の拡大につなげたいとの狙いもあるといわれています。

今回示されたガイドライン案では、非正社員の基本給の支給パターンを「職業経験・能力に応じて支給しようとする場合」「業績・成果に応じて支給しようとする場合」「勤続年数に応じて支給しようとする場合」の3つに分け、それぞれ問題とならない例・問題となる例を示しています。

例えば、基本給を労働者の職業経験・能力に応じて支給する場合、その職業経験が現在の業務に関連性を持たない限り、正社員が非正社員よりも多くの職業経験があるとして非正社員よりも多くの支給を受けることは問題となるとしています。今後、このガイドライン案をもとに、法改正に向けた議論が行われていく見込みです。

(参考)
働き方改革実現会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/index.html
同一労働同一賃金ガイドライン案
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/hatarakikata/dai5/siryou3.pdf

イトーヨーカ堂が取り組んできたパートタイム社員の待遇改善

株式会社イトーヨーカ堂は、平成27年度「パートタイム労働者活躍推進企業表彰」で最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞するなど、早い段階からパートタイム社員の処遇改善に取り組んでいます。

●働き方を選べる「ステップアップ選択制度」を導入

「パートナー社員」と呼ばれるパートタイム労働者を、「リーダーパートナー(職場のリーダー役)」「キャリアパートナー(職場の中核役)」「レギュラーパートナー(部門のレギュラーメンバー)」の3つのステップに分け、評価や上長の推薦などによってステップアップできる制度を設けています。評価については、業務内容や仕事のレベルに応じて自己評価を行い、上長と評価の確認をするセルフチェック方式を取り入れており、評価の客観性を高めています。リーダーパートナーに認定されたパートナー社員は、準社員や正社員を目指すことも可能です。

●正社員に準じた福利厚生制度を適用

パートナー社員も、年次有給休暇や特別休暇(結婚休暇、忌引休暇など)が付与され、看護休暇、介護休暇も有給で取得できます。また、休職プラン(育児休職、介護休職)、短時間勤務プラン、午後7時以前の勤務終了プラン(子どもが中学生になる年の4月15日まで)、再雇用プランを利用できます。

●正社員同様に年2回の賞与支給

週20時間以上勤務など一定の基準を満たしたパートナー社員には、年2回の賞与を支給しています。また、ベースアップも正社員同様に実施しています。

イトーヨーカ堂の非正社員のクチコミは?



イトーヨーカ堂の企業分析・研究レポートを見ると、回答者の平均年収は437万円(平均年齢:30.9歳)で納得度は63点と、比較的高めの結果となっています。また、福利厚生全般の納得度も68点と同じく高め。どちらも社員を含む数字ですが、非正社員はどのような感想を持っているのでしょうか。早速、クチコミを見ていきましょう。

イトーヨーカ堂 の社員の声はこちら

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
パート勤務でしたが年2回の賞与がありました。また、業務内容の理解度・達成度がどの程度なのか、5段階評価のセルフチェックを半年に一度行っていました。そのチェックシートをもとに、上司との面談を行い、その結果により昇給される機会がありモチベーションの向上になっていました。
[30代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
パートですが、スタートの時給は正直安いなと感じました。他店だと、スタートの時給はもう少し高いところもあります。ただ、契約更新の際に少しずつ上がるし、自分の努力次第でステップアップできる制度があるので、長い目でみれば安くはないのかも知れません。
[40代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
雇用保険は短時間のパートでも加入させている。休日についても、週一日は必ず休むという労働基準法に則った対応がされ、週休二日以上が基本契約なので、休日出勤があったときは必ず振替休日をとれる。シフト制ではなく曜日契約なので、学校行事などで休む場合の計画が立てやすいし、パートが多い分そういう休みの事情をお互いが分かるので、協力しあいやすい。
[50代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
長期のマネキン契約社員になると、保険に加入できます。
交通費は25,000円まで出ます。
有給休暇もあります。 労働組合主催のイベントが年3~4回あり、安価でバスツアー、食事ができます。
グループ企業の割引券も年2回位貰えます。
[20代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
基本的な福利厚生はそろっており、女性の方に関しては育児休暇の取りやすい環境にもなっていて復帰される方が多い。勤務時間も開店から夕方までと子育てに合わせた勤務が可能である。
そして、休暇は9日間のリフレッシュ休暇というものが年に一度取れる。

クチコミからは、ステップアップ選択制度や有給休暇などがしっかり認知されていることがわかりますね。育児支援制度を活用しているパート社員も多いようです。


いかがでしたか?今回は、パート社員の待遇改善への取り組みが国からも評価されているイトーヨーカ堂に注目しました。イトーヨーカ堂は、パート社員に対しても1年間の育成計画を作成した上で教育を行っているそうです。社内制度・教育(研修)についてのクチコミはこちらからご覧ください!

(参考)
http://part-tanjikan.mhlw.go.jp/koujirei-bank/list/1012
http://www.itoyokado.co.jp/company/iycsr/pdf/f_01.pdf
http://www.itoyokado.co.jp/company/iycsr/pdf/f_02.pdf
2016/12/21 日本経済新聞朝刊
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201612/20hatarakikata.html

▼イトーヨーカ堂の「カイシャの評判」はこちらから!

会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら