話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

第一生命が、女性管理職比率23%を突破した理由

2017/02/22

多くの企業で推進されている「女性の活躍」。しかし、国内企業の女性管理職比率は11%といわれており、仕事と家庭との両立への不安などから昇進をためらう女性も多いようです。そんな中、第一生命保険(以下、第一生命)は女性管理職比率23%を達成。その取り組みに迫ります。

一般女性社員の9割は「課長以上への昇進を望まない」?

独立行政法人労働政策研究・研修機構が行った調査によると、一般の男性社員の5〜6割が課長以上への昇進を希望すると答えました。一方、一般の女性社員で課長以上への昇進を希望すると答えたのは、わずか1割程度。係長・主任の女性社員では、3割弱が昇進を希望するなど、少し増加が見られるものの、同じく係長・主任の男性社員の7割程度が昇進を希望していることと比較すると顕著に低いことがわかります。

では、なぜ女性社員の多くが昇進を望まないのでしょうか?同調査で課長以上への昇進を望まない理由を尋ねたところ、目立って多かったのが「仕事と家庭の両立が困難になる」という回答でした。社員300人以上の企業の場合、課長以上への昇進を望まない一般の女性社員の40%が「仕事と家庭の両立が困難になる」ことを理由として挙げています。また、男性と比較すると「周りに同性の管理職がいない」という声も多く見られました。このことから、女性管理職が少なかったりいなかったりする理由のひとつに、仕事と家庭の両立への懸念が強いことや、ロールモデルの不在が影響していることが考えられます。

(参考)
「男女共同参画白書 平成25年」内閣府男女共同参画局

第一生命が取り組む女性リーダーの早期育成

第一生命保険株式会社では、従業員の多くを占める女性の活躍を促進するために、「ポジティブアクションプログラム」という階層別プログラムを実施しています。研修でビジネススキルを学ぶだけでなく、OJTでは経営トップや役員がメンターやスポンサーなどの役割を担います。さらに、女性執行役員をはじめとする上位職の女性が、ロールモデルとして次世代女性リーダー育成をサポート。会社が一丸となって取り組みを進めています。

これらの取り組みの成果もあり、2016年4月には2人目の女性執行役員が誕生するとともに、女性管理職の比率は23.3%を達成。2018年には25%以上、2020年代早期には30%以上を目指し、引き続き意識改革や育成体系の充実に取り組んでいくようです。

キャリアアップに年齢や学歴は関係ない!


第一生命の企業分析・研究レポートによると、「女性の管理職が比較的多い」と答えた人は78%!多くの女性管理職が活躍していることがわかります。社員・元社員のクチコミも見ていきましょう。

第一生命 の社員の声はこちら

[40代 / 女性 / 元社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
意欲を持って働けば女性活用推進していて
業界でもリーディングカンパニーなので
活躍の場は広いです。
部によりますし、通るかは別ですが、ものも言いやすい。
女性が活躍できます。
希望の部署に異動する事も仕組みとしてありますし
夫の転勤について異動する事も、受け入れ先に欠員あれば可能。
福利厚生、育休も2年弱取れます。子供が小3終わるまで時短勤務あります。
[20代 / 女性 / 現社員(正社員) / 営業系]
お客様のお役に立てたときや、自分の立てた目標に到達したときは表現しようのない達成感とやりがいを感じます。サポート体制はしっかり整っている会社ではあると思います!あまり物怖じや細かいことを気にせず動じない人はとても向いてる職だと思います!
[50代 / 女性 / 現社員(正社員) / 営業系]
成績によって給料が上がる。学歴に関係なく、女性でも役付きまで昇進するケースもあるので、目指すかどうかは別として、ヤル気がでる。キャンペーン月は成績が良ければ施策で旅行やパーティーの招待など表彰される。
[20代 / 女性 / 元社員(正社員) / 営業系]
頑張ればインセンティブがあること。長く勤めればお客様も増えて来るので、頼りにされることが増える。また、比較的早い段階(5年程度)で管理職に着くこともでき、頑張りによっては年功序列ではなく、早い段階で出世できる。
[40代 / 女性 / 現社員(正社員) / 営業系]
【キャリアアップを目指せる環境か】目指せる環境である。身近にレベルの高い先輩がいて、やり方をまずは真似てみることから始め、どうしたらレベルアップできるか上司や先輩がアドバイスしてくれます。

性別や年齢、学歴に関係なく、頑張り次第でどんどんキャリアアップしていける環境が用意されていることが、クチコミからも伝わってきますね。また、成績次第で給与もアップしていくしくみのようです。


いかがでしたか?今回は女性管理職が活躍している第一生命の取り組みに注目してみました。成果主義とのクチコミが多い同社ですが、気になる年収はどれくらいなのでしょうか?こちらから企業分析・研究レポートをチェック!

(参考)
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h25/zentai/html/column/clm_06.html
http://www.dai-ichi-life.co.jp/dsr/employee/diversity/life.html

▼第一生命保険の「カイシャの評判」はこちらから!

会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら

Google+ページはこちら