話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

『オンワード樫山』が結婚・出産後も働きやすい会社に。「女性の長期活躍支援」の取り組みとは

2017/06/21

女性に人気のファッションブランドを手がけるオンワード樫山。同社で働く社員の8割は女性ですが、結婚や出産などで退職する社員が多いことが課題となっていました。

そこで同社はダイバーシティー(多様性)を推進する取り組みをスタート。仕事と家庭の両立支援だけでなく、全社員の働き方の見直しにも力を入れています。どんな取り組みを行っているのか、詳しく見ていきましょう。


▼口コミを書いて、豪華プレゼントをもらおう!

口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーン実施中。会社の「良い点」「気になる点」をぜひ教えてください! >>  口コミを書く 

結婚や出産を契機に退職する女性が多かった



女性の人気にファッションブランドを手がけるオンワード樫山。同社の企業分析・研究レポートを見ると、「出産・育児支援制度がある」と答えた人は61%となり、社員の定着性への納得度も58点とまずまずの結果になりました。

同社は女性従業員比率が80.44%と圧倒的に女性が多い環境ではあるものの、結婚・出産などをきっかけに辞めてしまうケースが多く、男女の継続勤務年数に大きな差が見られました。そこで、同社は女性活躍推進法における行動計画として、男女の継続勤務年数の差を縮めるため、さまざまな取り組みを進めました。

仕事と家庭の両立支援の強化策を継続

オンワード樫山は、女性社員が出産後も復帰しやすい環境づくりに取り組みました。

・育児休業制度
認可保育園に入所不可だった場合、最大で3歳を超えた4月末まで育児休業を延長できる。

・育児短時間勤務制度
子どもが小学4年生の4月末まで取得可能。

・年休の時間単位付与
22時間までであれば、有給休暇を時間単位で取得できる。

・オリジナルパンフレットの配布
出産前の女性社員を対象にした「プレママ研修」の際、両立支援のためのオリジナルパンフレット『ワーキング・ママ』を配布。会社の制度説明のほか、「ママになるための心構え」や「スムーズに復職するための実践」をレクチャーする。産休前だけでなく、復職直前にも上司とダイバーシティー担当者との3者面談を行い、課題や問題点などを共有する。

これらの取り組みの結果、仕事と家庭を両立しながら働く女性社員も増えてきているようです。社員・元社員のクチコミを見てみましょう。

オンワード樫山 の社員の声はこちら

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
技術職の部署での仕事は自分の力を活かせる場。様々なブランドを介して働きながら、また新たに学べたら、長く働いていても常に向上して行ける。女性が多い職場でもあるので、こどもを持つ母親にとって、時間休などを取れたり働きやすい環境。
[40代 / 男性 / 現社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
【女性の活躍度】ダイバーシティープロジェクト。女性の産休取得や、育児休暇制度の改善等に取り組んでいる。
[20代 / 女性 / 元社員(正社員) / 販売・サービス系]
【女性の活躍度】産休や時短勤務などもある。でも復帰の時に希望のブランドなどにいけるかはわからない。

 

全社員の「働き方」を見直す


オンワード樫山の企業分析・研究レポートより、回答者の平均勤務時間を見ると8〜9時間という結果となりました。1カ月あたりの残業時間は20時間未満で、比較的少ない方と言えそうです。

しかし、同社は特定の部署・特定の担当者・特定の期間において長時間労働になっていることを問題視していました。そこで、業務改善を行って、全社員の働き方を見直すことにしたのです。

<2016(平成28)年3月〜>
・トップのメッセージを配信し、「働き方の新ルール」を導入。
・全社員がイントラネット上のスケジュールを使用し、部署単位で業務進行状況を共有。
・残業発生や勤務シフト変更の有無、休日の取得状況を確認。
・3月は助走期間として「21時閉館」を実施。

<2016(平成28)年4月〜>
・全国全ての事業所において「20時閉館」を実施。
・20時消灯およびPCシャットダウン。
・部署別の月別残業時間の推移を掲示
・社内会議や商談は就業時間内に行う。
・上司、課員それぞれの「業務改善マネジメントチェック表」を行い、課員の集計結果と自己分析結果を加味した上で、業務改善を加速させる。
・課題の抽出と解決策の実施。

2016(平成28)年2月29日現在、同社社員の1カ月あたりの平均残業時間は6.23時間となったとのこと。同社は、今後も長時間労働のさらなる削減と有給休暇取得促進を目指すとしています。それでは、社員・元社員のクチコミを覗いてみましょう。

オンワード樫山 の社員の声はこちら

[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
タブレットで毎月の勤務状況を入力。そこに残業時間も入力出来るようになっている。また、残業代がなかなか出せない分を時間調整で補うという形のフォローはある。それに関して不服があれば、直属の営業に訴えることも可能。
[30代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
短時間で入っていたので、時間になれば帰れる。ただ接客で残業になることはあったが、給料ではなく残業消化で早く帰れる。お給料で反映したい人には不向き。
[30代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
シフト制なので融通がきく。ただ、お盆や正月は休みなし。お正月の出勤が主婦にはきついかも。
[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
繁忙期以外は、大体希望通りの休日でシフトを組んでくれる。新婚旅行に行く際も、長期休暇をくれた。

 

店舗スタッフの場合、接客が長引くなどして難しい場合もあるようですが、そのあたりもうまく調整できるようなしくみが作られているようです。現場の声があってこその業務改善。今後、さらに働きやすい環境になっていくことが期待できそうです。


いかがでしたか?今回は、オンワード樫山の女性活躍推進と働き方改革について紹介しました。アパレル業の平均年収も気になるという人は、こちらから企業分析・研究レポートをご覧ください。

▼オンワード樫山の「カイシャの評判」はこちらから!

 

【キャンペーンのお知らせ】口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施中。あなたの会社の「良い点」、「気になる点」をぜひ教えてください!

 

会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら

Google+ページはこちら