話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

JR東海が、元社員退職6年以内の再雇用をスタートした理由

2017/07/25

2017年4月、東海旅客鉄道(JR東海)は、家庭の事情などで退職した社員を再雇用する制度を導入しました。これまで中途採用を含め、再雇用はほとんど行われてきませんでしたが、即戦力の確保に向けて新たに制度が作られることになったようです。

この新しい制度の詳細のほか、育児支援制度、キャリアアップの現状についても見ていきます。


▼口コミを書いて、豪華プレゼントをもらおう!

口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーン実施中。会社の「良い点」「気になる点」をぜひ教えてください! >>  口コミを書く 

育児などを理由に退職した社員を再雇用する制度をスタート

JR東海は、2017年4月から家庭の事情などで退職した社員を再雇用する制度をスタートさせました。対象は、5年以上勤務し、配偶者の海外転勤や育児・介護などを理由に退職した社員。退職時に登録し、6年以内であれば、面接や小論文の試験を受けることで再雇用されることが可能です。

現在、同社では中途採用や再雇用の実績が少なく、即戦力の確保という意味で会社側にもメリットのある制度であるようです。

JR東海の育児支援制度は


JR東海の企業分析・研究レポートによると、出産・育児支援制度の認知度は90%とかなりの高得点であることがわかります。それでは、現状どんな制度があるのでしょうか。

・産前休暇
法律では6週間の産前休暇を、9週間取得できる。

・育児休業
法律では子ども1歳に達するまでの育児休業を、子どもが3歳に達する日まで取得できる。

そのほかにも、男性社員が育休を取得しやすくなる新制度や、「小1の壁」に向けた育児休業制度の導入、仕事と家庭の両立に関する制度について記載したガイドブックの配布などにも取り組んでいるようです。

それでは、出産・育児支援制度についての社員・元社員のクチコミも見てみましょう。

JR東海 の社員の声はこちら

[30代 / 女性 / 現社員(正社員) / 企画・事務・管理系]
福利厚生は手厚く整っている。女性が出産後も仕事を続けていくための制度はかなり整っている(育休が3年とれる、時短勤務など)一方で、実際に取得している総合職の女性は少なく、一部にはとりにくい雰囲気もあるのが現状。
[30代 / 男性 / 現社員(正社員) / その他]
基本的な福利厚生は、全て揃っていると思います。特に育児休暇が長くて、取得率も高いです。住宅補助金もあり、とても充実していると思います。日本全国、津々浦々な所に、社員の割引を使用できる施設があり、充実している。

社員・元社員のクチコミを見ると、産休・育休の取得率が高いこと、時短勤務などの制度も整っていることがうかがえます。

女性のキャリアアップは?


JR東海の企業分析・研究レポートによると、「女性の管理職が比較的多い」と応えた人は10%にとどまりました。それもそのはず、同社の女性比率は全体の1割ほどなのだそう。今後の女性活躍の拡大が期待されます。

それでは、キャリアアップについて、社員・元社員はどのように感じているのでしょうか。クチコミをチェックしてみましょう。

JR東海 の社員の声はこちら

[20代 / 男性 / 元社員(正社員) / 販売・サービス系]
【キャリアアップを目指せる環境か】年に1度、昇任試験制度があった。そのため、自分の努力次第で、上へ目指すことが可能であった。
[20代 / 男性 / 元社員(正社員) / その他]
【キャリアアップを目指せる環境か】自分の努力次第で、キャリアアップをすることが出来ると思う。そのような制度が充実している。
[20代 / 男性 / 元社員(正社員) / 営業系]
【仕事を通じて成長していける環境か】成長できる環境だと思う。 時間管理は絶対条件。それができた上でいろいろなことが任せられるが、適当にしていてはそれが気持ちの上だとしても見透かされてしまう。上下関係も厳しく、この会社でやれたらどこででも通用できるだけのものはある。
[10代 / 男性 / 元社員(正社員) / 電気・電子・機械系エンジニア]
【キャリアアップを目指せる環境か】はい。 周りが優秀な人ばかりなので、レベルの高さに刺激を受けます。
[50代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 企画・事務・管理系]
【責任や裁量権について】そう感じます。若いうちから短期間の異動でいろんな職種にかかわらせることでどこに行っても順応できるような心構え、新しい職種を経験し力量を増やしていくのではないかと思います。

社員・元社員のクチコミからは、若い頃から経験を積み重ね、自ら挑戦していくことでキャリアアップも可能であることがわかります。レベルが高い人材が多い中で、かなりの努力が要される場面もあるようですが、それを乗り越えることにやりがいを感じている人も多いようです。


いかがでしたか?今回は家庭の事情でやむなく退社した社員の再雇用制度を導入する、JR東海の取り組みに注目してみました。職場復帰の際にも重要な要素である勤務時間については、こちらから企業分析・研究レポートをご覧ください。

▼JR東海の「カイシャの評判」はこちらから!


【キャンペーンのお知らせ】口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施中。あなたの会社の「良い点」、「気になる点」をぜひ教えてください!


会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら

Google+ページはこちら