話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

『ジャパネット』が進める働き方改革、最大16連休が取得できる制度もスタート

2018/07/31

通販大手の『ジャパネットホールディングス』が、働き方改革の取り組みを次々とスタートさせています。2018年4月からは16連休の取得が可能な「スーパーリフレッシュ休暇」制度がスタート。また、同年5月からは短時間勤務制度が「中学入学前までの子を持つ社員」まで対象が広がりました。

では、実際に『ジャパネットホールディングス』で働く社員たちは自社をどのように思っているのでしょうか? 社員のクチコミとともにチェックしていきましょう。


▼口コミを書いて、豪華プレゼントをもらおう!

口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーン実施中。会社の「良い点」「気になる点」をぜひ教えてください! >>  口コミを書く 

オリジナルの休日制度・福利厚生制度がいろいろ

『ジャパネットホールディングス』は、2015年頃から本格的に「働き方改革」をスタートさせました。

2018年4月には、「スーパーリフレッシュ制度(16日連休の取得推奨制度)」を作り、さらなる休みの改善・取得推進。休日休暇について、『カイシャの評判』には以下のようなクチコミも寄せられていました。

休日休暇についての口コミはこちら

[30代/女性/元社員(非正社員)/販売・サービス系/]
勤務シフトに融通がききます。勤務日数を選べる。休みが選べる。長期休暇もとりやすい。人数が居るので、急な休みもとりやすいです。土日休みもとりやすいです。曜日関係なく休めます。急な休みをとっても振り替えで出勤しないといけないですが、給与面で安心です。

 

また、企業分析・研究レポートによると、「福利厚生全般の納得度」が67点と、比較的高めの点数でした。

さらに、半数以上の社員が「ユニークな福利厚生がある」と回答していました。

福利厚生について、社員・元社員のクチコミを見てみると、「食堂」「社員旅行」「試合観戦チケット」などの福利厚生があることがわかります。

福利厚生についての口コミはこちら

[20代/男性/現社員(正社員)/その他/]
社員旅行をはじめ、かなり厚い。本社にはタニタ食堂があり、社員はワンコイン以下、パートさんは無料で食べられる。また体育館や温泉、フットサルコート、テニスコートなどもあり社員も多くが普段から使用している。
[40代/男性/現社員(非正社員)/IT系エンジニア/]
・社員旅行が毎年海外。
・基本的に残業は厳禁。
・中途入社の派遣社員であっても、年配者には礼儀を尽くす。
・女性の活躍の場が多い。
・有給休暇を取得しやすい。
・長期の有給休暇を取得しやすい。
・ワーク・ライフ・バランスを重視している。
・ソフトバンクホークスや地元のサッカークラブの試合観戦チケット
 の応募ができる。
・独身寮が社屋の近くにある。
・車通勤可能。
[20代女性/元社員(正社員)/企画・事務・管理系/]
本社の近くには福利厚生施設があり、スポーツができたり温泉があったり、楽しむことができるのはこの会社のユニークな制度だと思います。同じようにはいかないまでも、他拠点でも独自の面白い福利厚生はあります。

 
休日や福利厚生を充実させる背景にあるのは「社員が心身ともに元気に過ごせるよう環境や制度を整えたい」という企業の考え方です。今後、社員定着率の向上にも期待できそうです。

男女比は半々、子育て支援の取り組みも次々と


ジャパネットホールディングスの企業分析・研究レポートを見ると、「出産・育児支援制度がある」と答えた人は93%と高い数字が出ました。

具体的にどんな制度があるのか、ジャパネットグループの採用情報ページから紹介します。

・育児短時間勤務
1日最大6時間まで、勤務時間の短縮が可能。
対象は「中学入学までのお子さんを持つ社員」、男性社員も利用OK

・育児時差出勤制度
30分~1時間、時間をずらした出勤が可能
対象は「中学入学までのお子さんを持つ社員」

・産前産後・育児休業
妊娠中・産後1年未満を対象とした休業
保育園に入れない場合は2歳まで延長可能

・託児所
一回300円で利用できる「託児所(ジャパネットキッズ/長崎・福岡・東京)」
生後2ヶ月~10歳のお子さんが対象


【参考・引用】
ジャパネットグループの働き方改革(ジャパネットグループ採用情報)
https://corporate.japanet.co.jp/workstylereform/

ジャパネットグループの従業員比率は、男性49%、女性51%とほとんど同じ割合。ライフステージが変わったとしても、社員が多様なスタイルで活躍できるように環境作りに力を入れているようです。育児休暇取得率を見ると、休暇取得対象となった女性社員のうち、100%が取得をしているというデータもあります(2018年6月現在)。

また、企業分析・研究レポートによると「女性の管理職が比較的多い」と答えた社員も87%と、高い数字でした。

出産や育児といったライフイベントを支援する取り組みが色々とあるからこそ、女性にとっても働きやすい環境と言えるかもしれません。

『ジャパネット』は社員の裁量を大事にする職場

『カイシャの評判』の評判スコア(下記グラフ)をチェックしてみると、「責任・権限のある仕事を任される」「成長感を得られる」という部分に魅力を感じている人が多いということがわかります。

また、社員のクチコミから見えてきたのは「若手に責任ある仕事を任せる」という風土。「20代の管理職がいる」と回答した人も87%と高い数字になっていました。

仕事のやりがい・キャリアについての口コミはこちら

[20代/女性/元社員(正社員)/企画・事務・管理系/]
1年目の頃から責任ある仕事を任せてもらえるので、やりがいは非常にあります。ただ、責任が重過ぎると感じる場面も出てくるとは思います。
[20代/男性/現社員(正社員)/その他]
異動が多い分、様々な経験を会社内で経験することができる。また、その部署に中途入社の経験者がたくさんいるため、専属の会社と同じレベル、それ以上の設備で経験を積むことができる。
希望を出せば、異動もできるので自分にあった仕事を見つけることもできる。

 

若い頃から責任ある仕事に挑戦でき、その結果成長につながる、そんな風土があると受け取れます。「仕事を通じて成長したい」という人には最適な環境と言えるかもしれません。

いかがでしたか?今回は『ジャパネット』の働き方改革や、同社の風土を中心にご紹介しました。教育制度や人間関係などに関するクチコミも気になるという人は、こちらからクチコミをチェックしてみてください。

▼株式会社ジャパネットホールディングスの「カイシャの評判」はこちらから!

【キャンペーンのお知らせ】口コミを記入いただいた方の中から抽選で、豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施中。あなたの会社の「良い点」、「気になる点」をぜひ教えてください!


会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

カイシャの評判ジャーナルをフォロー

<定期更新>いいね!して
最新情報を受け取ろう。

カイシャの評判ジャーナルの
最新情報をお届けします

Twitterはこちら

Google+ページはこちら