話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

無印良品の最強マニュアル『MUJIGRAM』。 社員の声で知る、そのパワー。

2015/09/02

無印良品を展開する良品計画が増収増益を続けています。国内はもとより、2015年8月は中国市場においても順調。今後、北京で旗艦店を立ち上げる計画もあるそうです。

『カイシャの評判』に投稿されている同社スタッフのコメントを見てみると、よく見られるのが『MUJIGRAM(ムジグラム)』というナゾの言葉。調べてみると、無印良品の店舗で活躍するスタッフを支えているといわれている業務マニュアルだそうです。

業績好調「無印良品」、進化の秘密は「マニュアル」にあった【前編】(nikkei BPnet 2014年3月26日)

一般的には否定派もいるマニュアルだが…。

さて、一般的にマニュアルは業務の平準化に有効だといわれていますが、「スタッフが自ら考える機会を奪う」「ありきたりのサービスしか提供できない」といった理由からネガティブな意見が寄せられることも。果たして、無印良品のスタッフは『MUJIGRAM』をどのように捉えているのでしょうか。

スタッフのみなさんの声を見てみると、マニュアルに関する好意的なコメントが見られます。具体的なコメントは、「初歩的な内容から細かく書かれている」、「内容が明確でわかりやすい」、「仕事を覚えやすい」など。仕事をスグに覚えられるから、新しく入社したスタッフでもすぐに活躍できる、もしくは活躍を実感できるという点がスタッフからの評価につながっているのかもしれません。

また、『MUJIGRAM』という名称を直接投稿しているコメントがあり、社内で共通言語化していることがわかります。それだけ定着しているということなのでしょう。

『MUJIGRAM』が実現したもの。

マニュアルへのコメントばかりが目に留まりますが、無視できないのは先輩スタッフの存在です。わかりやすいマニュアルがあると、ついつい読んだだけで“わかったつもり”に陥りがち。

しかし、無印良品では、先輩スタッフがマニュアルに沿って丁寧に教えてくれているそうです。先輩スタッフとコミュニケーションを取りながら仕事の進め方を学ぶことができるので、“わかったつもり”はもちろん、“わからないまま”にはならない。新しく入社したスタッフが現場で正しい判断ができるのも、教育熱心な先輩スタッフたちのおかげなのでしょう。


スタッフからも評価されている『MUJIGRAM』。聞くところによると社員の声をもとに毎月ブラッシュアップしているそうです。そのお話を聞くと、ついマニュアルのスゴさに目がいきがち。しかし、後輩を丁寧に指導するスタッフの存在こそが同社の強みであり、『MUJIGRAM』はそのパワーを最大化させるツールだといえるのではないでしょうか?

良品計画(無印良品) の社員の声はこちら

[30代 / 女性 / 現社員(非正社員) / 販売・サービス系]
【教育・研修について】ムジグラムというマニュアルをも元に研修を受ける。 売り場に立つために必要な知識がマニュアル化されている。 新人トレーニングがおわれば、ムジグラムと先輩スタッフ助けで自ら学ぶ事ができる。
[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
マニュアル本が渡され、また社員さんからの教育の時間が設けられ丁寧な接客について学べる環境であった。先輩方も非常に優しく教えてくださり、日々学ぶことは多かった。また店外に出ての研修もあり、無印良品について深く知れた。
[10代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
非正社員としての雇用でしたが、入社後からマニュアルにそって、初歩的な部分からかなり細かく研修していただきました。マニュアルの内容がかなり明確でわかりやすい事もあり、教育・研修制度が行き届いていると感じました。
[20代 / 女性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
アルバイトでも出来る人にはパート並みの仕事を任せてもらえる。
マニュアルがしっかりしていたので仕事を覚えやすい。しかし正社員はいつも残業・休日出勤していた。平均1年で異動があるので、在職していた4年間、数え切れないほどの社員異動がありました。店長の良し悪しが直で店舗運営にでるので、店長によっては辞めてく人が大勢いました。

    ≫良品計画(無印良品)のクチコミをもっと見る
    ≫良品計画(無印良品)のカイシャの評判TOP

    会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

    カイシャの評判ジャーナルをフォロー

    <定期更新>いいね!して
    最新情報を受け取ろう。

    カイシャの評判ジャーナルの
    最新情報をお届けします

    Twitterはこちら