話題の企業の「カイシャの評判」を探る!

カイシャの評判はこちら

「いきなり!ステーキ」好調の要因は店長にあり?経営者マインドが育まれる風土とは。

2015/10/02

“立ち食いステーキ”という新しいジャンルを打ち出した『いきなり!ステーキ』。業績はかなり好調らしく、出店スピードは加速。ここ半年で、店舗数は倍増しています。確かに、メニューのインパクトは絶大。筆者も足を運んだことがあるのですが、「お腹いっぱい肉を食べたい」という欲求(欲望?)を思う存分満たしていただきました!

こちらを運営しているのが、ペッパーフードサービス。同社の『カイシャの評判』をチェックしてみると、社内風土にも躍進のヒントが見受けられました。

店長に裁量が委ねられる!

特に印象に残ったのは、現場に権限が委譲されているということ。店長であれば、予算の作成から販売促進計画まで一任されているようです。

店長一人ひとりが“自分の店”という意識でオーナーシップをもって取り組むため、目標達成のための一体感も生まれやすく、スタッフのパフォーマンスも高まる。その結果が、事業の成長につながっているのでしょう。

本部への提案もしやすい!

裁量が委ねられるだけではなく、本部への提案もしやすかったようです。もちろん、承認されるかどうかは提案内容によりますが、「提案しやすい」というのは魅力。承認されれば、実行までのスピードも早かったようです。『いきなり!ステーキ』出店ペースの加速も、現場の声を受けて経営層が意思決定したのかもしれませんね。

とはいえ、店舗によってバラツキがある模様。

ただし、全ての店舗で店長に裁量が委ねられ、本部へ提案しやすいというわけではないようです。店舗によってバラツキがあるのが実情の様子。店舗の業態やスタッフのモチベーション次第の部分もありそうですが、権限を委譲すれば店長の経営者マインドは育まれます。さらなる成長のためにも、ぜひ実践していただきたいですね。


今後店舗が増えていけば、必然的に店長のポストも増えていきます。今後ペッパーフードサービスがどのように店長を育てていくのか、注目したいと思います。

ペッパーフードサービス の社員の声はこちら

[40代 / 男性 / 元社員(正社員) / 販売・サービス系]
【個人の裁量について】大きいと感じた。店舗の店長として従事していましたので、時分の店舗の運営指針に関して予算策定、長期販売促進計画、労務管理等の裁量権は基本的に任されていた。
[40代 / 男性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
【個人の裁量の大きさ】上司から、本部との距離から上司の代理として大抵の決済権を持っていた。自分の店舗ならでの特殊なケースですが、大きいと感じました。
[40代 / 男性 / 元社員(非正社員) / 販売・サービス系]
【アイデア実現までのスピード感】認可が通ったら即日実施が可能でした。 稟議も直属の上司に提出したら、上層部には私に替わって上司が無理言って大抵通してくれた。
[20代 / 男性 / 元社員(正社員) / 販売・サービス系]
【上司に提案をしやすい環境か】積極に採用して下さる環境でした。準備をしっかりしておけば成長しやすい環境でした。
[40代 / 男性 / 元社員(正社員) / 販売・サービス系]
【上司や先輩からのアドバイスについて】基本的には裁量権を持たせていただいてましたが、上司のアドバイスは必須でした。訪店が月に1回程度だったので、あとは電話での相談やアドバイスでしたが、必要時には必ず相談には乗ってもらっていました。具体的な内容については、求人手段や販売促進計画(会社の都合等の確認)についてでした。

    ≫ペッパーフードサービスのクチコミをもっと見る
    ≫ペッパーフードサービスのカイシャの評判TOP

    ぜひ、あなたが所属する、過去所属した会社のこともこちらから投稿してください!

    会社に関するアンケート実施中!今すぐ回答する

    カイシャの評判ジャーナルをフォロー

    <定期更新>いいね!して
    最新情報を受け取ろう。

    カイシャの評判ジャーナルの
    最新情報をお届けします

    Twitterはこちら

    Google+ページはこちら