人材業界の動向

ホーム
人材業界
どんなビジネスも“人”ありき!企業の採用支援を通じ、日本経済を発展させよう。
業界ポイント
  • 有効求人倍率が高水準!好調な人材業界
  • 広告課金型の求人ビジネスが復調
  • 利用者増加中で好調な人材紹介サービス!

進むグローバル化、M&Aによる再編も加速。

2015年度の有効求人倍率は、1.23倍。バブル景気以来23年ぶりの高水準となりました。供給よりも需要が高い市場で、各企業は人材確保に奔走。それを支える人材サービス業界の業績が順調に伸びています。

それに伴い、業界ではM&Aなどによる再編の動きが加速。近年は大型買収が相次ぎ、市場シェアは目まぐるしく変化しています。大手企業は海外も視野に買収戦略をとり、世界のマーケットに進出しつつある状況です。

市場環境としては、企業のグローバル化が進み、海外の人材を日本国内で募集する企業が増加。海外赴任者の増加にしたがい、日本への帰国・転職を希望する求職者も増え、グローバル人材の中途採用も規模がさらに拡大すると予想されます。

注目は求人広告分野。企業が費用を払って情報を掲載する「広告課金型求人」の事業を中核とした企業が大きく実績を伸ばしています。一方で、応募や採用までいって初めて費用が発生する「成功報酬型求人」に関しては減益が目立つようになりました。需要過多の現状において、広告課金型のビジネスモデルが復調しつつあるといえますね。

人材サービス業界には、求人広告職業紹介派遣請負という大きく4つの領域がある。求人広告は、企業の求人情報の掲載や提供により利益を上げるビジネスモデル。職業紹介は、企業と求人者の間にコンサルタントが介在し、マッチングを進めます。顧客企業が求める人材を期限付きで提供するのが派遣で、顧客企業の業務ごとの契約で完成までの期間人材を送り込むのが請負です。

この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
人材業界に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
業界一覧