ホーム
従業員の健康に配慮する企業が増加!企業に求められる「健康経営」とは?


従業員の健康に配慮する企業が増加!
企業に求められる「健康経営」とは?

「健康経営」を政府も後押し

近年、「健康経営」という言葉が注目されています。健康経営は、従業員の健康に配慮した取り組みを行ない、経営面での成果につなげるという経営戦略です。従業員が健康的に働けることで、業務効率が上がり、企業全体の生産性向上につながるとされています。

2017年4月、政府は健康経営に取り組む企業が優遇される仕組みを作っていく方針を発表。政府の後押しで、今後さらに健康経営が広がっていくことが期待されています。

スマホで健康管理

健康経営への関心の高まりとともに、従業員の健康管理をサポートするサービスが次々に登場しています。近年多く提供されているのが、スマホを使った健康管理サービスです。

2017年4月、ドコモ・ヘルスケアは、スマホを使った法人向けヘルスケアサービスを発表しました。このサービスでは、従業員の歩数や血圧、体重などの健康データをスマホから集計して、企業が健康状態を確認することが可能。さらに従業員がアプリを通じて、健康状態を改善するための行動の提案を受けることなどもできます。

ITを活用することで、手軽に従業員一人一人の健康状態を把握することが可能に。健康的に働く人が増えると、日本全体も元気になっていくのではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
この記事をSNSでシェア
従業員の健康に配慮する企業が増加!企業に求められる「健康経営」とは?に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧