ホーム
自転車も保険加入が必要に!損保会社は自転車保険の強化を進める


自転車も保険加入が必要に!
損保会社は自転車保険の強化を進める

自転車保険加入義務化が進む

2015年10月、兵庫県が自転車利用者に自転車保険加入を義務化する条例を施行。それから大阪府や滋賀県、名古屋市など、様々な自治体で自転車保険の義務化が広がっています。

そんななか、損害保険会社が力を入れているのが、自治体と連携した自転車保険提供や、保険商品拡充などの取り組みです。

損保ジャパン日本興亜は大阪府と連携

2016年、損害保険ジャパン日本興亜は大阪府と連携し、「おおさか府民の自転車保険」を開発しました。おおさか府民の自転車保険 は、大阪で自転車を利用する人が入会できる「自転車会員サイクルメンバーズ」の会員に提供されています。事故で怪我を負わせたり、物を壊したりした場合や、自分が怪我をした際に保険金が下り、年間の掛け金は1310円。2017年4月7日時点で加入者は1万人を突破したと発表されています。

東京海上日動は自動車保険の特約に

2017年4月、東京海上日動保険は自動車保険の特約として、契約者や家族が自転車保険に加入できるサービスを開始しました。自転車保険を自動車保険と併せて申し込める利便性で需要を取り込みたい考えです。

自転車保険の加入義務化が進み、2015年から2年間で契約者数は15万件増加。今後も各自治体で自転車保険加入義務化は広がっていくことが予想されており、損害保険会社の契約者獲得競争は激しさを増していきそうです。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
自転車も保険加入が必要に!損保会社は自転車保険の強化を進めるに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧