ホーム
増え続ける空き家も、ビジネスチャンスに!?


増え続ける空き家も、ビジネスチャンスに!?

全国で空き家問題が深刻に。「さら地」にすると税額が上がってしまったり、Uターン率の低下で相続人がいなくなってしまったり、さまざま原因があるようです。

政府・地方自治体も本格的に対策に乗り出しているところ。三重県や山梨県では空き家相続を容易にする改革を図っています。福岡県だとクリエイターと連携した空き家のリノベーションにも取り組んでいるようです。

ホームズに続く、空き家検索の新プラットフォーム

不動産情報サイト「ライフルホームズ」を運営するLIFULLは、全国の空き家情報をインターネット検索できる新サービスを発表しました。

これまで各地の自治体が個別に公開していた情報を一元化し、形式や情報フォーマットを統一。物件の所在地や築年数、広さや写真といった情報が一覧で取得できることから、居住者や事業者が空き物件を探しやすくなります。

無償で提供される同サービスで「空き家の見える化」を促進し、活発な流通を狙います。



鉄道グループ各社も空き家に注目?

阪急阪神ホールディングス傘下、阪急不動産は空き家のオーナーをリノベーション会社に紹介する取り組みを始めます。

リノベーションで生まれ変わった空き家にオーナーを募り、賃貸物件として貸し出していく。沿線に住民を呼び込むのが狙いで、全国平均を上回る大阪の高い空き家率も解消されるかも。空き家活用の取り組みから目が離せません。

<参考>
空き家対策、27市町村を支援 国交省、流通促進など – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H1J_X10C17A8EE8000/
全国の空き家を簡単検索 不動産サイトが自治体と連携 – 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19HGE_Z10C17A7000000/
阪急、沿線の空き家再生 リノベ大手と提携し賃貸に -日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO19575570S7A800C1LKB000/

この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
増え続ける空き家も、ビジネスチャンスに!?に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧