ホーム
事業拡大を続けるネット系広告会社


事業拡大を続けるネット系広告会社

売上を伸ばすネット広告会社は、従業員も大量採用して規模の拡大を図っている。ネット広告会社で売上トップのサイバーエージェントは2015年9月時点での従業員数は3432名(連結ベース)。1年で全体の1割を超える373名も従業員を増やしている。デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムも同様で、2014年3月から翌2015年3月までの1年で、全従業員数の約1.5割にあたる271名も社員が増加した(連結ベース)。

従業員の増加は、業務が拡大している証拠。サイバーエージェントは、既存の広告事業、ゲーム事業が着実に成長。さらに今後は新規事業として、生放送の動画配信やスマホで見る無料テレビ事業などの動画事業に注力していく。また、メディアレップのデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムは、動画広告の扱いを拡大、東南アジアのグローバル拠点を増やし、事業規模の拡大に努めている。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
事業拡大を続けるネット系広告会社に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
業界一覧