ホーム
企業の広報活動を担当するPR会社


企業の広報活動を担当するPR会社

メディアに取り上げてもらうための働きをするのがPR会社

PR会社と広告代理店を混同する人は多いだろう。しかし、この両者は似ているようで大きく異なる。広告を出したい企業と新聞や雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアをつなげる役割を果たすのが広告代理店だ。スポンサーがメディアに支払う広告料金の一部を仲介料として得るというビジネスモデルである(もちろん広告代理店が広告の制作を行った場合は制作費も得る)。一方、企業が何か発信したいニュースがあったときに、それをメディアに取り上げてもらうための働きをするのがPR会社だ。企業の広報担当と協力して後方支援的な活動を行う。プレスリリースを作成してメディアに配布したり、新商品の発表イベントを仕掛けたりするなど、その活動内容は多岐にわたる。

CSRや危機対応など幅広いPR会社の業務

PR会社の業務は、企業の発信したい話題をメディアに取り上げてもらうためのサポートだけではない。冊子やWebなどの制作を通じて、企業のCSR活動(CSR=企業の社会的責任。社会における企業の責任を果たすために行われる社会貢献活動全般を指す)をアピールしたり、投資家向けのIR活動をサポートしてステークホルダー(利害関係者。株主や投資家、従業員、取引先などを指す)との関係強化に努めたり、はたまた、インタビューや記者会見などのメディア対応のためのスキルを磨くトレーニングを実施したりするのもPR会社の仕事だ。そもそもPRとは「Public Relations」の略。企業が自社を取り巻く消費者やメディア、地域などと良好な関係を築くことをサポートするために存在するのがPR会社なのである。

ネットの活用で広告代理店との境界線はあいまいに

広告代理店はこれまでマスメディアを中心にマーケティング活動を担ってきたが、近年、「エンゲージメント」という手法を取り入れている。「エンゲージメント」とは、「企業と一般消費者との間の結びつき、絆」といった意味合いであり、継続的なコミュニケーションを通じて、消費者との関係を構築する手法のことを指す。直接消費者とコンタクトを取れるTwitter、Facebook、InstagramといったSNSの広まりとともに、その流れは顕著になりつつある。しかし、こうした活動は、そもそも消費者やマスメディアと企業をつないできたPR会社の得意分野。ネットを活用した分野においては、PR会社と広告代理店との境界線はあいまいになってきたと言える。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
企業の広報活動を担当するPR会社に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧