ホーム
AIが新聞記者やコピーライターに! 電通・日経で活動スタート


AIが新聞記者やコピーライターに!
電通・日経で活動スタート

AIが新聞記事を作成

最近、新聞記事を作成したり、広告のキャッチコピーを考えたりするAIの登場が話題となっています。

例えば、日本経済新聞社では、2017年1月に企業決算の要点をAIが自動的に配信するサービス「決算サマリー」を開始しました。決算サマリーでは、AIが企業の発表した決算速報を読み、売上高や利益などの情報や背景をまとめて記事を作成。決算速報発表後、数分で記事作成からWEB上への配信まで行ないます。

近年、日経では電子版の普及などで記者の負担が増大。一部作業をAIに任せることで、記者の負担を減らし、記事の質を高めていきたいとしています。

AIで広告のキャッチコピーを作成

2017年5月、電通はAIによる広告コピー生成システム「AICO」の試用版を開発したと発表しました。AICOは静岡大学の狩野研究室と共同で開発。電通のコピーライターがAIの学習をサポートして、人間に近いコピーの生成を可能にしたとのことです。2016年に、電通ではAICOによって作成したキャッチコピーを使って新聞広告を出稿しています。

AIによるキャッチコピー作成の特徴は、早く大量に作成できるということです。将来的に、電通はAICOによって、そのときどきで変わる人の興味・関心に合わせたキャッチコピーを作成し、リアルタイムでインターネット広告や屋外・交通広告などに適用するという次世代型広告も検討しています。

活躍の場を広げているAI。将来、AIの作ったキャッチコピーを見て商品を買ったり、新聞記事に感動したりといったことがあるかもしれませんね。

この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
AIが新聞記者やコピーライターに! 電通・日経で活動スタートに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧