ホーム
どうなるシェアサイクル?!メルチャリ、Mobike、HELLO CYCLING…各社の動向


どうなるシェアサイクル
メルチャリ、Mobike、HELLO CYCLING…各社の動向とは?

自転車を借りて、移動先で返却できる「シェアサイクル」。2017年以降、注目を集めましたが、2018年のこれから、日本で広まるのでしょうか。それとも…。

中国シェアサイクル大手「Mobike」

2017年8月には、日本上陸。札幌でローンチ後、福岡、神奈川県大磯町、奈良市と、中国人観光客が多いエリアでサービスをスタートさせています。

日本企業も参入の動き

【メルカリ】 メルチャリ
2018年2月、福岡市でサービス開始したのが、メルチャリです。2018年8月からは、東京都国立市での実証実験も開始。自転車は市役所・児童館・スーパー、公園などに設置される予定。住民の「身近な足」としての利用を狙っています。

【セブン-イレブン】 HELLO CYCLING
東京都を中心に、全国で展開する電動自転車のシェアサイクルサービスです。ICカードを登録しておけば、いちいちサイトやアプリから予約をしなくても、自転車にタッチするだけで利用できます。

【コギコギ】 COGICOGI
東京・京都・大阪・福岡・鎌倉・湘南・釜石でレンタサイクルを提供するコギコギ。2018年4月には、エイチ・アイ・エス(HIS)子会社との業務提携を発表しました。今後どのように事業拡大していくか注目が集まっています。

今後、シェアサイクルがどう根付き、どの企業が覇権を握っていくのか?動向に注目です。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
どうなるシェアサイクル?!メルチャリ、Mobike、HELLO CYCLING…各社の動向に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧