ホーム
 ITでおもてなし。「IoTおもてなしクラウド」で快適な日本旅行を


ITでおもてなし。
「IoTおもてなしクラウド」で快適な日本旅行を

政府の進める訪日外国人への取り組み
「IoTおもてなしクラウド」

政府は東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、外国人の日本旅行を快適にするサービスの開発を進めています。その1つが、スマホアプリやSuicaでホテルのチェックインや免税店の買い物をスムーズにする「IoTおもてなしクラウド」です。

Suicaをかざすだけで手続きを簡略化

IoTおもてなしクラウドの利用に必要なのは、日本を旅行する外国人の個人情報(食の好み、滞在先ホテル、パスポートなど)の専用サイトへの登録と、登録情報のSuicaへの紐付けです。紐付けしたSuicaをホテルや飲食店などで利用すれば、様々なサービスを受けることができます。

例えば、Suicaをかざして空港からホテル行きのバスチケットを購入すると、氏名や到着時刻などの情報がホテル側に届きます。チェックイン時にもSuica 1つで氏名やパスポード情報が伝わるので、宿泊時の面倒な手続きの省略が可能です。

他にも、レストランで宗教上食べられないものを店側に通知できたり、免税店でパスポート情報を伝えることができたりと、日本旅行の様々な場面でやり取りがスムーズになります。

一方懸念点としては、情報の紐付け先として想定されているSuicaなどの交通系ICカードは、外国人には馴染みが薄いということです。日本に到着してSuicaを発行したり、使い方を学んだりと、サービスを受けるまでの手続きが煩雑になってしまいます。今後は実証実験などから外国人に使いやすいサービスを追求し、快適な日本旅行の提供につなげて欲しいですね。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
 ITでおもてなし。「IoTおもてなしクラウド」で快適な日本旅行をに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
業界一覧