ホーム
変わる、スポーツの楽しみ方。最新技術で増す観戦の臨場感


変わる、スポーツの楽しみ方。最新技術で増す観戦の臨場感

今回ご紹介していくのは、プロ野球にJリーグ、バスケットボールのBリーグなど、スポーツ観戦について。今、テクノロジーの発達で楽しみ方はどんどん変化しています。

定額の動画配信サービスでスポーツ観戦

今、スポーツ中継を行なう動画配信サービスが大きな人気を集めています。

その一つが「DAZN(ダ・ゾーン)」。サッカー選手も出演しているCMで見たことのあるという方も少なくないかも知れません。

DAZNはJリーグやプレミアリーグ、セリエA、さらにサッカー以外にも日本のプロ野球やMLB、F1やテニスなど、多種多様なスポーツをライブ配信している定額制のスポーツ専門動画配信サービス。配信している試合数は、なんと1年間に7500試合以上です。

定額でこれだけのスポーツの試合観戦が見放題、さらにスマホなどでも手軽に視聴できることから急速に会員数を増やしています。



VRを使ってスポーツ観戦にさらなる臨場感を

VRやARといった先端テクノロジーを活用して、新しい視聴体験をつくろうという取り組みも活発となっています。

たとえば、2018年のソフトバンクホークス開幕3連戦に行なわれた、VRによるライブストリーミング配信。これは視聴者がVR用ゴーグルを設置するだけで、実際にスタジアムにいるような臨場感で試合を観戦できるというもの。視聴者は映像内に表示されるカメラのマークに合わせるだけでバックネット裏、内野席、外野席など好きな位置から観戦が可能です。

さらに、2017年12月にはNTTドコモがARによるスポーツ観戦システムの実証実験を実施しました。

実証実験が行なわれたのは、「グリーンロケッツ vs NTTドコモ レッドハリケーンズ」のラグビーの試合。これはARにおける視聴体験ができるスマートグラスを着用すれば、スタジアムで実際の試合を見ながら、生中継映像や、チーム・選手のプロフィール、解説情報なども同時に楽しめるというもの。スマートグラス上に表示される情報は、リモコンなどの操作端末なしで、手で直感的に操作することも可能となっています。

さらなるテクノロジーの進歩が期待される中、スポーツの視聴体験はどう変わっていくのか。その動向に目が離せません。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
変わる、スポーツの楽しみ方。最新技術で増す観戦の臨場感に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧