ホーム
海図が紙から電子へ! 日本郵船が新たなシステムを開発


海図が紙から電子へ!
日本郵船が新たなシステムを開発

船舶で進む海図の電子化

船舶などの航海で利用される海図の電子化が活発になっています。

トラックなどの陸上の交通ではテクノロジーの活用が進んでいますが、船舶は使用期間が長い、通信速度が遅いなどの理由で新しい技術の導入が遅れていました。しかし、国際航海に従事する500トン以上の貨客船と3000トン以上の貨物船は、2018年までに電子海図情報を表示するシステム「ECDIS(エクディス)」搭載が義務化されることに。これまで航海には主に紙の海図が使われてきましたが、電子化が急速に進むことになりました。

書き込み可能な電子海図

一方、ECDISは紙海図と異なり、航海情報を手書き入力できないなど、利便性に課題があります。

そこで、物流大手の日本郵船は情報通信機器の開発大手である日本無線と共同で、電子海図に書き込みができる運行支援システムを開発しました。運行支援システムは指先で直接電子海図に書きこみが可能。書きこんだ航海情報などはシステム上に蓄積され、乗組員がタブレット端末で確認もできます。

その他、航海中の機器などをチェックした際の航海地点を自動で記録するなどの機能も搭載。システムの活用で業務が効率化され、乗組員の負担軽減も期待されています。

航海には陸上以上に多くの情報が必要です。テクノロジーの活用で多くの情報が蓄積され、“海の旅”はより安全なものになっていきそうですね。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
海図が紙から電子へ! 日本郵船が新たなシステムを開発に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧