食品業界の動向

ホーム
食品業界


世界的日本食ブーム到来!激動の食品業界

食品業界は現在、大きな転機を迎えている。

その理由として挙げられるのが、「食のグローバル化」。世界的な日本食ブームを追い風として、大手食品各社は600兆円規模への成長が予想される世界市場に打って出ている。

また、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の大筋合意を受け、今後は中・長期的に食品に対する関税の削減や撤廃が行われていく予定。輸入品の流通量は増え、国内のメーカーは海外勢との競争をしていくことになる。

国内市場においては、人口減少・高齢化社会の到来から、市場が縮小することは避けられない。ただ、健康志向の高まりから「機能性食品」が注目されるなど、新たなニーズが掘り起こされ、まだまだ活力を失ってはいない。

今後は、食のグローバル化への対応とともに、いかに国内で新たなニーズを見つけていくかが業界に共通した課題となる。

食品は、食材を加工することで保存や安定供給が可能となる。この加工を行っているのが食品業界だ。日本では、各食品メーカーが高度な製造技術を持ち、品質管理のレベルも高い。生産者や国とも一丸となって食の安全を守る仕組みがつくられており、日本の加工食品の安全性は世界でも類を見ないほど高いとされる。

この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
食品業界に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界一覧