ホーム
腸活ブーム! 乳酸菌食品などにチカラを入れる食品・飲料メーカーの動向


腸活ブーム!
乳酸菌食品などにチカラを入れる食品・飲料メーカーの動向

広がる「腸活」。乳酸菌市場は10年間で1.5倍に成長。

ここ1~2年で、消費者の「腸に対する意識」が高まっています。

「第2の脳」とも言われる腸にはたくさんの神経が集まっていて、最近の研究では「胃腸の状態が、認知機能と精神の健康を左右する」という結果も出ました。加えて、便秘や肌荒れといった美容のために腸内環境を整えようと考える消費者も増加。

健康、美容の両面で「腸活」への期待が高まっていると言えそうです。

2018年「腸活」をコンセプトにした商品が次々登場

「腸」への注目が集まる中、コンビニやスーパーには「腸活」関連の商品が並ぶようになりました。たとえば4月には「おいしい腸活 流々茶(サントリー食品インターナショナル)」は食物繊維をふんだんに取り入れた烏龍茶が発売開始。

また、ファミリーマートは「スーパー大麦」というスーパーフードを使ったおにぎりを発売しました。実はスーパー大麦の食物繊維は、一般の大麦に比べて約2倍。女性だけでなく、30~50代の男性にも人気の商品となっています。チアシード、ココナッツオイルなど、過去には色々なスーパーフードが流行りました。もしかしたら次は「腸活に良い!」という理由で、スーパー大麦ブームが来るかもしれませんね。

ちなみに発酵食品や無農薬野菜、玄米などを使った「腸活メニュー」を提供するカフェやレストランもあるようです。

手軽に腸年齢を調べられる?検査キットが身近になるかも?

腸への注目が集まる中、江崎グリコが今後本格的にスタートするのが「腸年齢の検査」の事業です。全遺伝解析によって、腸内の細菌群「腸内フローラ」の種類やバランスから「腸年齢」を算出。ちなみに価格は1万8000円で、結果は約1ヶ月半でスマートフォンから見られるようになるそうです。

美容・健康のために注目される「腸活」、その関連市場も、今後どんどん拡大していくかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
腸活ブーム! 乳酸菌食品などにチカラを入れる食品・飲料メーカーの動向に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧