ホーム
NONIO、リステリン、Ora2…マウスウォッシュ商品がヒット。背景にあるのは若者の口臭ケアニーズ?


NONIO、リステリン、Ora2…
マウスウォッシュ商品がヒット。背景にあるのは、若者の「口臭ケアニーズ」?

「お口のケア」への意識、高まりも。

男女が日ごろ気になるニオイ、1位は「口臭」(*1 江崎グリコ健康科学研究所の調査)。じつは汗臭さや加齢臭を上回っています。また、「他人の口臭が気になる」と答えた人は82%、自分の口臭に気をつけているという人は77%に上る、というデータも(*1)。各社はハブラシやハミガキといった定番商品に加えて、デンタルフロスや洗口液など新商品を拡充しています。

口臭予防ブランド『NONIO』が若者にヒット

とくに今、若者世代向けの商品がヒット。とくに最近では分煙が進んだり、消臭系の商品が多くなったり、社会全体としてニオイに対して敏感になっているとも考えられます。若い世代も「口臭などのニオイに敏感」「印象良く見られたい」といったニーズがあるのかもしれません。

そういったなか“これまで口腔ケアに無関心だった若者を捉えた” と言われるのが、2017年に発売開始した口臭予防ブランド『NONIO(ライオン)』。歯磨き粉と洗口液のシリーズで、洗口液は特に売れ行きが際立っています。2018年1~3月の計画比で約1.7倍、消費者の約3割が39歳以下の人たち。他のオーラルケア商品と比べても、若者が多く購入する商品となっています。

ブレスウォッシュ商品の新ラインナップとは?

新たな顧客層として、20~30代女性を取り込んだ商品も。それが、低刺激の『リステリン ナチュラルケア(ジョンソン・エンド・ジョンソン)』です(購入者6割近くが20~30代女性)。また『Ora2 me(サンスター)』も同様に、20~30代の女性を中心に支持を受けているようです。

もうひとつ、ユニークな商品として、花王は2018年、舌の汚れも洗浄できる泡ハミガキ『薬用ピュオーラ 泡で出てくるハミガキ』を発売。舌にのせて使う点が注目されています。

2017年のオーラルケア市場規模は2360億円(前年比1%増)に。新商品が次々生まれているので、自分のお気に入りを探してみてもいいかもしれません。


(*1)20~50代の男女/江崎グリコ健康科学研究所(大阪市)の調査

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
NONIO、リステリン、Ora2…マウスウォッシュ商品がヒット。背景にあるのは若者の口臭ケアニーズ?に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧