ホーム
「ハイテクおもちゃ」ぞくぞく登場!ソニー、タカラトミーの狙いとは?


「ハイテクおもちゃ」ぞくぞく登場!
ソニー、タカラトミーの狙いとは?

おもちゃ×テクノロジーで、子どもたちも熱狂!

トランプ、ルービックキューブ、ドラクエ、FF、ハイパーヨーヨー、ミニ四駆、ベイブレード、妖怪ウォッチ、ポケモンGO…いつの時代も、おもちゃはブームを世に巻き起こしてきました。

2017年現在においても、「おもちゃ」のブームは存在します。それが”ハイテク化”のブームです。ロボット技術、VR、AR、人工知能などの技術が発達する中、技術を応用した ”遊び” がぞくぞく登場しています!

ロボット技術とおもちゃの融合

中でも注目されているのはソニー製のトイ・プラットフォーム「toio」。「toio」は”ロボット”と”遊び”の研究から生まれた、五感を使って遊ぶことができるハードウェアです。

高精度な絶対位置センサーや加速度センサーを搭載しており、カートリッジを交換することで多様な種類の遊びを体験できます。クラフトファイター、シューティング、パズル、チェイス、スポーツなど遊べる範囲は多岐にわたります。

2017年12月1日に発売予定ですが、初回限定で発売された400セットは即完売しています。ハイテクおもちゃが大人気な様子が伺えますね。

ソニーのおもちゃ、6/1発表。
https://youtu.be/3uJYcgWp6bY

※「toio」の凄さは上記動画をご覧頂ければわかります!

DSと連携できる!?NFCチップ付きのハイテクおもちゃ

タカラトミーも負けてはいません。特に、クロスメディアプロジェクト『スナックワールド』の関連玩具として発売された、『トレジャラボックス 第1弾』が注目を浴びています。

トレジャラボックスに入っているアクセサリーや剣のおもちゃには小型NFCチップが内蔵。なんと、3DSと連携させることができます。

トレジャラボックスは年間1000万個ペースの売れ行きだそうで、大反響ぶりが伝わってきます。

他にも、お菓子「チョコボール」の箱とスマホアプリを連携させたレーシングゲーム、プログラミングを学べるMESHなど、IT技術とのかけ合わせによりおもちゃの幅はどんどん広がってきています。

おもちゃ×IT時代の初期段階でこのクオリティ。今後もハイテクおもちゃ、たっぷりと期待できそうですね!

<参考>
「復活」ソニーが作ったロボットおもちゃ「toio」とは何か
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/season2/2017/07/196593_1.php
「スナックワールド」関連玩具の最新情報が公開。LEVEL5 TOUCH専用モバイルリーダーライターが8月10日発売
http://www.4gamer.net/games/297/G029747/20170809030/
おもちゃの歴史年表
http://www.toynes.jp/rekishi/


この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
「ハイテクおもちゃ」ぞくぞく登場!ソニー、タカラトミーの狙いとは?に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧