ホーム
若手でも活躍できる国内独立系コンサルティング


若手でも活躍できる国内独立系コンサルティング

中小企業を対象として活動

コンサルティングファームの中には国内独立系と呼ばれるところがある。主に中小企業を対象とし、生産性アップや品質の向上といった、かなり実務的な領域のコンサルタントを行う。また、新人研修や経営層に対するセミナーなど、人材育成の分野に力を入れているコンサルティングファームも多い。
特徴としては、個人のコンサルタントが定期的にクライアントと付き合う「顧問型」の契約が主流であることが挙げられる。顧問型では、プロジェクト単位というより、なにか問題が起きたときに相談に乗るという仕事の仕方で、毎月支払われる顧問料が収入となる。
著名な国内独立系コンサルティングファームとしては、船井総合研究所や日本経営システム、タナベ経営、日本LCAなどがあるが、その他にも全国に会社が点在し、地域の中小企業を支えている。

若くてもたくさんの経験が積める

クライアントの業種としては小売業や流通業が目立つ。その他に、中小の製造業に関わる案件を手掛ける頻度が高い。
中小企業のコンサルティングにおいては、コンサルタントは必然的に経営者と直接やりとりをする機会が増える。若手であっても任される業務は多く、経営トップと同じ土俵で話すことになり、説得力やプレゼンテーション能力が求められる。実際に国内独立系ファームの構成年齢はかなり若いが、それでも経営層の信頼を得られるような百戦錬磨の人材がそろっている。 また、単なる提案に留まらず実行支援まで入り込んで支援するケースも多く、コンサルタントとしての能力を磨くいい経験となる。
こうしたファームでキャリアを積んだ後には、他のファームに入社するよりも、中小企業診断士を取得して独立するようなケースが目立つ。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
若手でも活躍できる国内独立系コンサルティングに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
業界一覧