ホーム
次々生まれる新たな電子マネー。みずほ銀行も電子マネー事業参入を発表


次々生まれる新たな電子マネー。
みずほ銀行も電子マネー事業参入を発表

広がる電子マネー

2016年、電子マネーによる決済金額は5兆円を突破。電車の乗り降りや買い物に使えるSuicaなどの交通系や、ポイント還元を受けられるnanacoなどの小売系など、様々な種類の電子マネーがあります。さらに電子マネーの情報をスマホに設定して使えるApple Payなどのスマホ決済も普及が広がっています。

みずほ銀行が電子マネー事業に参入

市場が拡大する電子マネーには、様々な業種の企業から参入が相次いでいます。

2017年4月、みずほ銀行は電子マネー事業への参入を発表しました。みずほ銀行の電子マネー決済は、独自に開発したスマホアプリを使用。銀行口座から直接チャージし、ネット通販やリアル店舗での支払い、ユーザー同士の送金が可能となる予定です。

さらにみずほ銀行では電子マネーの顧客利用状況などを分析して、加盟店のマーケティング支援なども行なっていくとしています。サービス開始は2017年夏予定です。

2016年、ヤフーは「Yahooマネー!」開始

2016年、ヤフーは電子マネー「Yahoo!マネー」を開始しました。Yahoo!マネーは金融機関の口座やコンビニからチャージでき、「ヤフオク!」「Yahoo!ショッピング」「LOHACO」といったヤフー関連のECの支払いに対応しています。今後ヤフー関連以外のサービスや、リアル店舗にも対応していく予定です。

次々にサービスが誕生し、顧客獲得競争が激しくなる電子マネー市場。各社サービスを競い合うことで、支払いがより便利になっていくと良いですね。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
次々生まれる新たな電子マネー。みずほ銀行も電子マネー事業参入を発表に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧