ホーム
パナソニックのアジア戦略、家電売り上げを倍にせよ! 生産・販売機能の強化がカギに


パナソニックのアジア戦略、家電売り上げを倍にせよ!
生産・販売機能の強化がカギに

家電メーカーが海外の生産・販売体制を強化

日本の家電メーカーが海外での生産・販売強化を進めています。背景にあるのは、国内で予想される家電市場の縮小と、アジア各国で進む経済成長による需要の拡大です。

パナソニックは家電事業において、海外の生産・販売部門の一体化を進めています。

これまで海外の多くの国では独立した販売会社によって、パナソニック製品の販売が行なわれてきました。パナソニックは、原則として2018年度中に海外の販売会社を、生産機能を統括する社内カンパニー「アプライアンス社」の直轄にすると発表。生産・販売部門の一体化で開発スピードが早まることが期待されています。

すでに一体運営が始まっている中国・インドでは、開発スピードの向上によって洗濯機や冷蔵庫などの販売で増収を記録。2017年度はインドで20%以上、中国で10%の増収を見込んでいます。

パナソニックは生産機能の強化を進める

パナソニックは、生産・販売部門の一体化とともに、生産機能の強化も進めています。アジア地域で特に需要が高まっているエアコンでは、タイでの現地生産を開始。マレーシアの主力工場で4割の増産、ベトナムの家電工場への生産ラインの増設を発表しています。

パナソニックは生産・販売の強化で、アジア地域での家電事業の売上高を2015年から5年以内に倍増する計画です。

家電製品の普及が広がるアジアの国で、日本の製品が愛されていくと良いですね。

この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
パナソニックのアジア戦略、家電売り上げを倍にせよ! 生産・販売機能の強化がカギにに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧