ホーム
時価総額が高い!ネット系企業TOP10


時価総額が高い!ネット系企業TOP10

時価総額とは、上場企業の「株価」に「発行済株式数」を掛けたもの。時価総額が大きいほど、その会社の規模や資金調達能力が高いことを意味している。業界研究や企業研究の際には、企業の価値を測る一つの尺度としてチェックしておきたいところだ。

特に、ネット業界は変化の早い業界。新しいサービスを次々に生み出し、その成否によって株価は大きく変動する。その中で、高い時価総額を堅持し、投資家や市場に期待される会社はどこか。TOP10を確認しよう。

国内における時価総額1兆円以上のネット企業は、ヤフー、楽天、エムスリーの3社。その中でもヤフーは2兆円と圧倒的だ。2015年、楽天がヤフーの時価総額を一時期追い抜いた期間があったが、現時点では2位。3位は、医師向けの医薬品情報サイトを展開するエムスリー。設立からわずか15年で時価総額1兆円を超え、医療×ITの領域でのトップランナーだ。1兆円には届かないまでも、1000億円以上のネット系企業はランク外にも数多く存在する。業界の今を知るためにも、ぜひ時価総額を確認してみてほしい。

この記事の続きは、会員登録すると
読むことができます。
この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
時価総額が高い!ネット系企業TOP10に興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
業界一覧