ホーム
アプリで「家計簿」や「割り勘」も!生活を便利にするフィンテックが大注目なワケ


アプリで「家計簿」や「割り勘」も!
生活を便利にするフィンテックが大注目なワケ

スマホでカンタンに買い物や入金!
これもフィンテック!?

最近、スマホで簡単にネット通販の支払いを完了することができ、”ぽちって”お買い物をする人が増えましたね。このような、IT技術を使った金融サービスのことを「FinTech(フィンテック)」と言います。Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた造語です。ネット社会がさらに拡大していく将来、フィンテックのサービスを具体的に見てみましょう。

割り勘もスマホでカンタンに!
送金アプリぞくぞくと。

「友だちと外食をして、お会計をたて替えたけど…なかなか割り勘代を返してもらえない」こういった悩みも解消できるのが『paymo(ペイモ)』というアプリです。

カンタンに友だちに送金できるサービス。貸した側はレシートの写真と金額を提示し、借りた側は金額を入力して送金するだけ。アプリ上のお金は、銀行で下ろすこともできるし、ほかの割り勘支払いに使うこともできます。

スマホで友だち間で送金できるサービスは、AppleやLINEも行なっており、これからどんどん「より身近なフィンテック」が盛り上がっていくと見られています。

自動で家計簿がつけられる。

家計簿をつけたいけど、使ったお金をいちいち記録するのはめんどう。こういった経験がある方も多いかもしれません。

そういったなかで注目されているのが家計簿アプリ。たくさんのアプリが出てきていますが、たとえば、『マネーフォワード』は、連携させた銀行口座、クレジットカード、ネットショッピングの購入履歴、電子マネーなどのの収支を自動で記録してくれます。

企業向けにも盛り上がるフィンテック

企業向けには『マネーフォワード For BUSINESS』も提供。専門知識が必要な仕訳入力を、入出金データから自動で行うサービスを提供しています。

こういったオンラインでの会計サービスは「クラウド会計」と呼ばれて急速に普及。『freee』や『MFクラウド会計』といった企業もクラウド会計サービスを提供しています。

どんどん身近になってくるフィンテック。今後、どういったサービスが出てくるのか。生活が便利になるのか。注目です。

<参考>
割り勘もお店の支払いも1つのアプリで、AnyPayが店舗で使える「ペイモ QR 支払い」を発表
http://jp.techcrunch.com/2017/06/23/paymo-pay-with-qr-code-at-stores/
マネーフォワードがクラウド会計に参入、専門知識不要の自動入力サービス
http://jp.techcrunch.com/2013/11/29/money_forward_for_business/
freeeがHR Techに本格参入──「人事労務 freee」を2017年初夏に提供
http://jp.techcrunch.com/2017/03/22/freee-announced-hr-freee/


この記事が気に入ったらいいね!をしよう
スマート業界地図からの最新情報をお届け!
この記事をSNSでシェア
アプリで「家計簿」や「割り勘」も!生活を便利にするフィンテックが大注目なワケに興味のある方は
こちらの情報もおすすめ!
業界ウォッチ
関連する企業
業界一覧