ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
TOPへ

外務省の評判・口コミ|転職・採用情報

東京都千代田区霞が関2丁目2-1
評判スコア70 詳細
146
ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
外務省の口コミ・評判をご紹介!外務省で働く社員や元社員から、外務省の評判に関する正確かつ質の高い情報を収集し、毎日更新。転職・就職活動に役立つ情報でサポートします!

社員・元社員からの口コミ

良い点の回答21件
気になる点の回答19件
良い点
仕事を通じた成長

英語が出来るのは当たり前の世界で、プラスアルファの能力と特技を持つ人々が周りに居る環境は刺激があった。また政府の業務の一端を見ることが出来る良い機会だった。

2019年頃
60代以上 / 女性 / 現社員(非正社員) / その他
口コミ投稿日:2019年10月28日
参考になった!0
気になる点
仕事を通じた成長

自分の経験とほとんど関係の無い業務もこなして、スキルを伸ばせたが、他の部署では全く経験が生かせずに中途で辞めた人がいた。

2019年頃
60代以上 / 女性 / 現社員(非正社員) / その他
口コミ投稿日:2019年10月28日
参考になった!0
評判スコアの詳細22人の社員・元社員の回答より
評判スコアとは?
職場の
人間関係
承認・称賛
する社風
仕事を通じた
達成感
仕事を通じた
成長感
責任・権限
のある仕事
本業での
社会貢献
の実感
仕事を通じた成長
に関する社員の声
良い点
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【キャリアアップを目指せる環境か】国際関係の分野に関心がある方でしたら目指せます。どの部署に配属されるかによって、やることや学ぶことは変わりますが、基本的に国際法のプラクティスや日々の地域・国際情勢のフォローは共通した業務で、仕事をしながら勉学している気持ちになります。また、周りにそうしたことを日々実践されていることが多いため、勉学に励む雰囲気があります。人脈については、組織がビッグネームであることもあり、官民学と多種多様な方々とお会いする機会を持つことができ、大いに刺激になります。特に、要人往来に際しては、唯一無二の経験が積めることは貴重です。 参考になった!0
気になる点
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【キャリアアップを目指せる環境か】仕事の手順については、学ぶものが少ないと感じます。意思決定に費やす時間や労力の多さなど、コストパフォーマンスの面で思うことが多々あります。何かアイディアを出して成果を出すことよりも、先例に従って類似のことを繰り返すことの方が評価されやすい環境でもあり、あまり考えなくなる人も出ていると思います。 参考になった!0
事業での社会貢献
に関する社員の声
2000年以前
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
途上国への開発援助。ギニア、南アフリカ、タンザニア、カメルーン、モロッコ、エジプト、コートジボアール、アルジェリア、ガーナ等のアフリカ諸国の発展への貢献。アラブ首長国連邦、イラン、イラク、オマーン、等の中東諸国の開発支援。
参考になった!0
気になる点
2015年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
節電等が徹底している
しかし、廊下が暗くどんよりしているような雰囲気になっている
また、夏は暑く冬は寒い。節電も大事だけどもうちょっと職場環境を良くして欲しい
他の官公庁はもっと融通が利いているように思う。 参考になった!0
給与・年収の企業分析・研究レポート外務省
回答者の平均年収
621万円
平均年齢:33.5歳
14人の社員・元社員の回答より
回答者の納得度
59
※ 回答者の平均年収になるため、実際の平均年収とは異なります。

年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)
に関する社員の声
気になる点
2015年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
安い。
若い人は本当に安い。しっかりと残業代などもでるが、あまり贅沢な生活はできない。給料前はかなりカツカツな生活になる。
年次が上がればそれなりにもらえるので、それまでの辛抱。副業ができないのもかなり辛い 参考になった!0
2011年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
総合職か専門職か事務職かでかなり違ってくる。高卒扱いの事務職はいつまでたっても激務薄給だと思われる。
また、在外に出れば在外手当が出るうえ、途上国ほど手当が多い傾向にあるので、数年暮らせば金持ちになれる。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
商社等とは比較にならないぐらい給料は安い。役職が上がらなければ昇給は少ない。上が詰まっているため、ポジションが取り合いになる。 参考になった!0
良い点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
残業代は実残業時間の8~9割ぐらいの時間数分貰える。残業時間が長いため若手でも多く貰っている人はいる。 参考になった!0
勤務時間、休日休暇の企業分析・研究レポート外務省
回答者の平均勤務時間
9-10時間
15人の社員・元社員の回答より
回答者の納得度
54
※ 回答者の平均年収になるため、実際の平均年収とは異なります。

労働時間・勤務時間・残業
に関する社員の声
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【1日の平均勤務時間】11時間。部署にもよるが大体毎日22時から23時までは残業。2時や3時までの場合もある。ごく稀に仕事のキリがいいときは1930頃に帰れる事もある。何れにせよ部署と自分の担当業務担当次第。【勤務時間に納得できるか】外務省員の絶対数が少なく、勤務時間が長くなっている。残業代は一定程度手当されるが、そもそもの基本給が低い。また時差の関係からどうしても夜残らないといけないことも多々あり。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
残業は納得出来る理由がある場合は良いが、指示者があまりに忙しく、当方が指示された仕事を早く仕上げても見て貰えず、定時を過ぎてから今日中の変更と完成と言われて、予定が立てられず困った。 参考になった!0
良い点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
外務省は9時半から6時15分までだが、時差のある国とのやりとりがあるため、終業が遅く設定されるのは仕方ない。 参考になった!0
福利厚生の企業分析・研究レポート外務省
福利厚生全般の納得度
66
18人の社員・元社員の回答より
福利厚生
に関する社員の声
2013年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【有給休暇の消化率とそれを促進する制度・取り組み】80%、非常に忙しいときは、夏季特別休暇が取れなくなったほどである。  イベントがなくなると、一気に自由になり、まとめてとるが、繰り越し休日の期限・制限により、ほとんど消化していない  と思われる。健康診断のための、一時休暇及び休暇制度があり、一時帰国制度もあったことは、非常によかった。 参考になった!0
良い点
2015年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
住居手当などもちゃんと出るのでありがたい。むしろ、それがないと一人暮らしなんて到底無理。
寮に入ればかなり安く住めると思うが、場所が不便な所の寮とかになったら通勤とか大変そう。
他にもディズニーチケットが安く買えるなどがある 参考になった!0
2013年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【有給休暇以外の休日・休暇制度】健康管理休暇。米国及び日本等、一定水準以上の医療機関での検診、治療を目的とした、一部旅費(もっとも近くの米国都市までの往復運賃と医療費のみ)が補てんされる制度。 参考になった!0
2009年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【働く施設について】一応館内にファミマがあるので、外にいかなくてもご飯が買えます。外務省の唯一劣っている点は食堂がない!!!レストラン?がなぜか入っていて、行ったことはないのですが。 参考になった!0
社内制度の企業分析・研究レポート外務省
教育・研修制度
64
18人の社員・元社員の回答より
教育・研修
に関する社員の声
2013年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【社内研修・勉強会について】特になし。ただし、自分で、通信講座での経営関係の資格を勉強していた。また、自費で、エネルギー・経済・資源関係の本を購入したり、各国の大学における専門家との会談、各国経済界主催のエネルギー会議に自費で出席し、日本企業がもたない専門知識・最新のエネルギー開発状況を入手すること、知識強化を行った。また、世界的な会計事務所による担当国予算後のブリーフィング会議・報告書をもとに、経済動向につき分析するなど、自助努力をメインとしていた。 参考になった!0
気になる点
2015年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
短い期間でしか研修がないため、あまり同期とかもできない
研修内容もとりあえず、いろいろな課室の説明が多く、実践的なことは研修で学べたかは不明
所属の課では細かく教えてくれるので業務はこなすことができる。ありがたい 参考になった!0
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【スキルを高める取り組み】オフィシャルなものは色々ありますが、個人的に参加した機会がないので回答できません。個人で集まって昼食などの機会を利用して意見交換することはちょくちょくあります。 参考になった!0
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【社員の成長について力を入れている点】語学関連のスキルアップと地域情勢把握のフォローは手厚いと思います。 参考になった!0
仕事・キャリアの企業分析・研究レポート外務省
自分のやり方で仕事が進められるか、進め方にルールがあるか
どちらかと言うと
きちんと
ルールがある
21人の社員・元社員の回答より
自分のやり方で
進められる
仕事の進め方に
ルールがある
仕事のやりがい・キャリア
に関する社員の声
2001年~
2005年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
在外公館派遣員制度を利用して在外公館へ2年間赴任。主な業務は日本から来る政治家や要人等の宿舎留保や車両手配、空港送迎やアテンドでした。普通の生活では滅多にお会いできないようなVIPの方に直接接することは楽しくもあり、難しくもあり。細部にまで注意を払ったりする必要がありますが、そういった「うるさがた」にうまく対処できた時の喜びと充実感は大きいです。 参考になった!0
2017年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【目標の決め方】半期ごとに上司との面談で決まります。本来は定量的に計測可能な目標を立てることが一般的にも組織的にも求められるはずですが、そこは上司次第で、漠然とした目標に終始することもあります。なので、何が達成できて、できてないか、が判別できず、業務の成果よりも一生懸命頑張った(ように振る舞う)ことが評価されていることもあると思います。 参考になった!0
2011年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
目先の利益の捕らわれずに長期的な視野になって国益を考え、国家の対外関係のかじ取りを行う省庁。そんなスケールの大きな仕事の一端を担える。時折、海外に出張して、英語やその他外国語で他国の省庁の職員などと交渉したり、国際会議に参加したりすることは、時差なども含めて大変なことはあるが、同時にとてもやりがいはある。 参考になった!0
職場の雰囲気の企業分析・研究レポート外務省
挑戦的な社風か、堅実な社風か
どちらかと言うと
堅実な社風だ
19人の社員・元社員の回答より
挑戦的な社風
堅実な社風
企業文化・社風・組織体制
に関する社員の声
良い点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【仕事中の休憩時間】ほぼきちんと時間通り取れた。繁忙期は自主的に短くしていたが、上司はきちんと取るようにと気を使ってくれた。小休憩は自由に取れ、おやつや飲物も自由に取れた。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
外交に関わる部署だけでなく、総じて残業が多いようで、残業することを美徳とする風潮がある。時間に構わない外務省員は派遣の定時終業に気を使わず、計画性なく業務をさせる事がある。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
癖のある人が強く、また、先輩が後輩に仕事を教えるというよりは、肌で覚えろ的な体育会系要素が強い職場なので、馴染めない人は入省早々に辞めて行く人もいます。 参考になった!0
気になる点
2019年頃
外務省の転職・就職・採用の口コミ情報
【仕事中の休憩時間】外務省の食堂は一ヶ所しか無いため、隣の官庁や街中に外出する人達が多くいたが、距離があるので常に急いでいた。 参考になった!0
外務省
官公庁・団体関連
最近見た会社
最近見た会社はありません
入社後、活躍できる
会社選びのために。
カイシャの評判は、会社選びに本当に役立つ口コミ情報を提供し、みなさんが入社後活躍できる転職を応援します。
  • カイシャの評判 3つの特徴
  • 1. 日本最大!250万件超の口コミ
  • 2. すべての口コミを無料で公開
  • 3. 社員の声で作る会社分析レポート
よく見られている企業
外務省と同業界のおすすめの会社
同業界のおすすめの会社をもっと見る
外務省のおすすめの求人
【カイシャの評判】は就職、転職を希望するすべてのみなさまにご活用いただける社風口コミサイト!会社で働く社員や元社員のみなさまから、会社に関する正確かつ質の高い情報を収集し、毎日更新。転職・就職活動に役立つ情報でサポートします!