ライトハウス 日本最大級!社員・元社員による2,000万件の評価・口コミサイト
日本最大級!2,000万件の口コミ・評価を掲載
エン・ジャパンの企業口コミサービス
search-header

口コミ・評判を探す

会員限定の情報を見るなら、会員登録(無料)
会員限定の情報を見るなら、会員登録(無料)

凸版印刷株式会社の年収データ

回答者の平均年収回答者の年収範囲回答者数
537万円250~1300万円281

(平均年齢34.0歳)

回答者の平均年収537万円
回答者の年収範囲250~1300万円
回答者数281

(平均年齢34.0歳)

職種別平均年収

職種 平均年収
営業系
(営業、MR、営業企画 他)
552万円
(平均年齢34.0歳)
企画・事務・管理系
(経営企画、広報、人事、事務 他)
512万円
(平均年齢32.8歳)
IT系エンジニア
(アプリ開発、ITコンサル 他)
605万円
(平均年齢38.2歳)
電気・電子・機械系エンジニア
(電子・回路・機械設計 他)
523万円
(平均年齢34.0歳)
医薬・化学・素材・食品系専門職
(研究・製品開発、生産管理 他)
553万円
(平均年齢35.0歳)

年収分布

(人)
(万円)
年収データを見る(364件)
すべての口コミを見る(3040件)

凸版印刷株式会社の福利厚生・オフィス環境の口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2024年01月10日

回答者: 男性/ 営業/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍21年以上/ 正社員

3.9
口コミ投稿日:2024年01月10日
福利厚生:
とても充実している。

特に研修制度などはさまざまあるが当たり前のように与えられることに慣れてしまってまた今度となり、手を挙げることが少ない。

また、部署によってまちまちだが残業が多いため、研修にあてる時間がないのも実態

オフィス環境:
部署によるが工場がある地方は都心ではなく郊外に立地していることが多い。

通勤という意味では不便である

凸版印刷株式会社の働き方(勤務時間・休日休暇・制度)の口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2024年01月11日

回答者: 回答なし/ 研究/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍6~10年/ 正社員

3.3
口コミ投稿日:2024年01月11日
勤務時間・休日休暇:
ワークライフバランスはいいと思います。基礎研究よりも商品に近い開発になると、残業時間は増えると思います。それでも、最近は残業時間は短くなっている傾向です。休暇は調整しやすいです。

多様な働き方支援:
リモートワーク制度は浸透しています。また、時短勤務も可能です。副業も可能ですが、副業している人と会ったことはありません。

凸版印刷株式会社の企業カルチャー・組織体制の口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2024年01月17日

回答者: 男性/ 営業/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍21年以上/ 正社員

3.0
口コミ投稿日:2024年01月17日
企業カルチャー・社風:
ボトムアップの気質が強い。
得意先企業への提案・課題解決から入ることが多いため、日々  担当者が掴む情報は重要性が高い。

得意先がトップダウン気質の会社であれば、役職者同士の面談から情報や案件が落ちてくることもあるかと思う。

また体質としては古い体質が根深いように思う。
会議前の根回しや、対面主義、上位下達、役職者の顎足付きの面談アポイント手配など。。

組織体制・コミュニケーション:
プロパーの管理職が多いので、旧知の担当者は役員であっても比較的コミュニケーションはとりやすいと感じる。
本部長クラスまでは、若手社員にも気さくに声がけをしているが、一つ上の事業部長や役員クラスとなると、壁を感じるようになるのでは無いか。

ダイバーシティ・多様性:
外国籍の社員も増えたが、印刷自体が文字を扱うドメスティック菜産業であるため、圧倒的に日本人が多い。

凸版印刷株式会社の女性の働きやすさの口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2024年01月10日

回答者: 男性/ 営業/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍21年以上/ 正社員

3.9
口コミ投稿日:2024年01月10日
女性の働きやすさ:
女性の管理職比率を一生懸命あげようとしており、女性は昇進しやすい。

一方で、凸版で管理職になりたいと思う女性が少ないのも事実。

またあげるだけあげて要職につかないパターンもたまにある

休暇は一昔前は取りにくい雰囲気もあったが、今はわりと自由に取れる。

凸版印刷株式会社の成長・働きがいの口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2023年07月31日

回答者: 男性/ 営業/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍11~15年/ 正社員

4.4
口コミ投稿日:2023年07月31日
仕事の裁量権:
部署と担当している仕事によるので何とも言えない。営業は、裁量権があるというよりか、得意先と社内の調整が非常に忙しく、力はつく。交渉というよりも調整というほうが近しいイメージ。決定権はない。しかしながら責任は上長が取るので、ある程度まともな会社なのだと思う。責任を上長に押し付けつつ、興味のある分野を売り込むのがいい営業の共通項。うまいこと会社を利用することが一番だと思う。

成長支援制度:
研修制度や、部署移動の申請(年1)などはある。しかしながら、ある程度の年次になってくると通常業務が忙しくなり残業時間が増えてくるので、自己投資に使える時間は必然的に少なくなってくる。そういう制度を使うことに対して、皆抵抗はなく、前向き。これからは制度を有効活用できるかどうか?がカギになってくると思うし、個人の意識や姿勢によって差が大きくなると思う。

凸版印刷株式会社の入社前とのギャップの口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2023年07月23日

回答者: 男性/ 製造部/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍21年以上/ 正社員

2.2
口コミ投稿日:2023年07月23日
入社理由:
基本給が他の求人募集より高かったから。

入社前に認識しておくべき事:
入社前は雑誌や書籍の印刷をしているかと思ったが実際は軟包装材、つまりはお菓子やレトルト食品などの印刷物なので独特の臭いが気になった。局所排気のシステムの性能や溶剤の材質が変わったりして昔よりはひどくなくなりました。

凸版印刷株式会社の事業展望・強み・弱みの口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2023年06月24日

回答者: 回答なし/ 営業/ 現職(回答時)/ 新卒入社/ 在籍6~10年/ 正社員/ 主任

4.1
口コミ投稿日:2023年06月24日
事業の弱み:
基本的に他者と比較した強みは無く、過去からの取引のつながりを使って受注をとっていくスタイルとなっていて、日頃から他社より早く情報を仕入れて指名受注にもっていく。
価格勝負になると各部門がマージンを乗せた見積もりを出してくるので、客に出す際にはとんでもなく高い金額になってしまい勝負にならない。
また、BPO領域も最近は他社の参入も多いため、セキュア領域での受注拡大は難しくなっている。公共系についてはコロナバブルが発生してとんでもない利益を出していたが、今期からそれもなくなりかなり厳しい状況。
人を使って事務処理をしていたことで売上を作っていたので、dxを進めば進めるほどシステム処理で利益率が上がるが売り上げ単価は激減するので今後売り上げを維持するのはとても厳しくなると考えられる。
また半導体市場の盛り上がりから製造に参入する事が発表されたが、数年前の液晶パネルの時と同様、投資額が大きい割に参入判断も遅いため、一過性のブームが終わった際に利益が維持できるか大変不透明。
社長が理系の技術者出身になり、投資判断などが合理的になりつつあるのは前向きだが、競合のDNPと比較すると投資対効率が悪い為、そこの改善が必要。

凸版印刷株式会社の年収・給与の口コミ

この口コミの質問文
口コミ投稿日:2024年02月15日

回答者: 男性/ 営業/ 現職(回答時)/ 中途入社/ 在籍16~20年/ 正社員

2.8
口コミ投稿日:2024年02月15日
年収 月給(総額) 残業代(月) 賞与(年)
650万円 --万円 --万円 --万円
年収 650万円
月給(総額) --万円
残業代(月) --万円
賞与(年) --万円
給与制度:
当時はB3~B1という一般職層とA2~A1という監督職層があり、その上に課長~部長と幹部クラスに上がっていくものだった。年に1回の実績評価面談を通じてアルファベットで5段階評価を受け、翌年度の給与が変わっていった。
昇給幅は評価によって1ポイント500円のポイントがいくつ積みあがったかで変わってくる。
少なくとも1,500円程度は昇給があったようだ。
一般的なものではあったが、評価の経緯は見えにくく、上司からの言葉を受けるだけだった。
住宅手当等、手当は充実していと思う。