ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
TOPへ

本田技研工業(ホンダ)の口コミ・評判

東京都港区南青山2丁目1-1
評判スコア75 詳細
817
ブックマークする
ブックマークに追加しました
他社と比較
本田技研工業(ホンダ)の口コミ・評判をご紹介!本田技研工業(ホンダ)で働く社員や元社員から、本田技研工業(ホンダ)の評判に関する正確かつ質の高い情報を収集し、毎日更新。転職・就職活動に役立つ情報でサポートします!

社員・元社員からの口コミ

良い点の回答106人
気になる点の回答63人
良い点
労働時間・勤務時間・残業

残業代は全額支給される。文系は36協定にともない、月上限30時間のイメージ。休日出勤手当や、特別申請した場合の、深夜残業はプラスの手当てが出る。時給はポジションによって変わる。

2017年頃
30代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系
参考になった!0
気になる点
労働時間・勤務時間・残業

忙しい部門は、自宅で作業をしなくてはならない場合もある。ただ、組合に守られているのでどういう働き方をするかは自分次第。PCのログイン管理や、リモートワークは進んでいない。

2017年頃
30代 / 男性 / 現社員(正社員) / 営業系
参考になった!0
評判スコアの詳細121人の社員・元社員の回答より
評判スコアとは?
職場の
人間関係
承認・称賛
する社風
仕事を通じた
達成感
仕事を通じた
成長感
責任・権限
のある仕事
本業での
社会貢献
の実感
仕事を通じた成長
に関する社員の声
良い点
やる気があれば、ワンランク上の仕事が与えられます。また部下からの提案も積極的に受け入れる社風があります。
そんな環境なのに最近の若手社員は、先輩方に遠慮して与えられた仕事を待っているように見えます。
課長・部長レベルの社員は少なくとも古き良きホンダのそう言った風潮は知っているはずなので、遠慮せずにドンドン思い切って相談し、自身の業務の幅を拡げるべきです。
50代 / 男性 / 営業系
気になる点
自身の希望する方向でなくても会社の組織の維持向上のためには、犠牲になる事もありましたが過ぎてみれば成長を実感出来ているので、結果OKと言う感じです。
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
事業での社会貢献
に関する社員の声
良い点
輸送用機器を主軸とした製造業ですので、世の中がより便利になるように移動手段の提供に役立っています。また、発動機の製造販売は、多くの現場で作業の効率化を実現しています。
ロボット事業では、産業用に限らず、介護や医療など他方面において活躍が望めます。
30代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
ブランドイメージを高めることを企業の方針としついる為、様々な社会貢献活動をおこない、ブランドイメージをアップするよう努めている。大企業なので、社会イメージを落とさず、売り上げアップの為、試行錯誤しPRしている。
30代 / 男性 / 企画・事務・管理系
給与・年収の企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
回答者の平均年収
672万円
平均年齢:37.8歳
139人の社員・元社員の回答より
四季報調べ:772万円(45歳)
回答者の納得度
75
※ 回答者の平均年収になるため、実際の平均年収とは異なります。

年収・給与(給料)・ボーナス(賞与)
に関する社員の声
良い点
【インセンティブの有無・支給条件等】世界的に有名な本田技研工業株式会社は、海外生産で先行しておられ、2015年に国際会計基準に移行し、四輪車の世界販売は、国内苦戦を北米やアジアの伸びで補っておられます。京都議定書で、CO2削減をめざし、日本は環境大国を目指しておられます。ハイブリッド車の増加は、良いことですが、投資キャシュフローのマイナスは、売上高は上がってますが、経常利益、純利益のマイナスは、リコール費用含む販売管理費の増加や新興国国際通貨安が増加したことによるようです。二輪車は世界首位で、乗用車は米国で高い評価を得ています。
30代 / 男性 / その他
良い点
【残業代について】世界的に有名な本田技研工業株式会社は、海外生産で先行しておられ、2015年に国際会計基準に移行し、四輪車の世界販売は、国内苦戦を北米やアジアの伸びで補っておられます。京都議定書で、CO2削減をめざし、日本は環境大国を目指しておられます。ハイブリッド車の増加は、良いことですが、投資キャシュフローのマイナスは、売上高は上がってますが、経常利益、純利益のマイナスは、リコール費用含む販売管理費の増加や新興国国際通貨安が増加したことによるようです。二輪車は世界首位で、乗用車は米国で高い評価を得ています。
30代 / 男性 / その他
気になる点
【インセンティブの有無・支給条件等】特にありませんが、世界首位のトヨタ自動車は、国内で販売シィア断トツ。300万台生産体制を維持しています。販売チャネルは、高級ブランド”レクサス”含めて、5系列。ハイブリット車や、燃料電池車に強みを持っておられます。国内売上高14兆円を達成し、営業利益は、国内首位を維持しておられます。
30代 / 男性 / その他
気になる点
業績が良い時にも、プラス分は抑えて不況時に備える傾向。昔はあったが、近年は特別な手当てが出ることはなくなった。
自社製品の割引がほとんど無くなったに等しい。高額な商品が多いため、実は結構影響があると思う。これでは他社製品で気に入ったものを買うのもアリで本業への影響も多少のあるかも。
40代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
勤務時間、休日休暇の企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
回答者の平均勤務時間
9-10時間
150人の社員・元社員の回答より
回答者の納得度
83
※ 回答者の平均年収になるため、実際の平均年収とは異なります。

労働時間・勤務時間・残業
に関する社員の声
良い点
勤務時間に関しては、製作所はラインを稼働させる関係で一日9時間の拘束時間がある。昼の食事と、時間毎の休憩は十分に配慮されている。本社部門はフレックス勤務制が採用されており、コアタイムに出勤していれば出社と退社の時間は自分で決める。残業は36協定で月30時間、年間360時間と決められており特段の事情が無い限り厳密に守られている。職場によっても差があるが20時間以上の残業をしている人は少ない。12時を回る深夜残業では翌日の遅出出勤となり出勤時間が決められており、その場合には定時入場の扱いとなる。サービス残業については労働組合の監視項目となっており強制されることはない。
50代 / 男性 / 営業系
良い点
残業は本当に少ないです。上限ラインが1ヶ月と3ヶ月と年間であり、これを超えることは許されない。
自分の部署では、1番多い人で月20時間の残業時間。私は平均月5時間程度。
仕事の手を抜いている訳ではなく、ストレッチして丁度いいくらいの業務量であるため。
大企業で子供と一緒に夕ご飯が食べられる会社があるとは思っていませんでした。
ワークライフバランスは最高です。
20代 / 男性 / 企画・事務・管理系
気になる点
近年は残業手当が、若干低くなる傾向がある。
休日出勤、残業はリミットがあり保護されている反面、もっと働きたいにとには足かせになることもある。有給休暇の買い上げ制度もあっていいと思う。そのような議論ができることも良い点なのかもしれないが・・・。
40代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
仕事、勤務時間は個人判断、裁量制があるが特に緊急でもなく生活残業感覚で残業しているものが4分の1ほどいる。
最近時はこの仕事内容と残業内容妥当性などは検討され残業規制が強化されているようである。
(以前から水曜と金曜は残業禁止で定時退社)
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
福利厚生の企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
福利厚生全般の納得度
82
110人の社員・元社員の回答より
福利厚生
に関する社員の声
良い点
福利厚生については充実している。財産形成のためには各種の財形貯蓄があり、また持ち株会でHondaの株を毎月定額で購入できる。年金も公的年金に加え企業年金が手厚い。住宅取得の推進のため住供会があって月々の積み立てで頭金を貯めることが出来、市中金利よりも高い利率で運用してくれる。住宅取得時には住供会でローンを組むことも出来る。社宅入居者も多く、若い人には家賃補助の制度もあり、通勤手当もほぼ全額支給される。病気や事故で長期に療養が必要になっても復職の意志があれば保障してくれて、不幸にも死亡した場合のための互助会や見舞金の制度があり、残された家族の生活が保障される。健康保険制度も充実しており、事業所毎に診療所があり利用でき、専属医が職場環境の改善、心のケアなどを行っている。レジャーのために各地に契約保養所があり低額で利用できる。年間20日発生する有給は100%(管理職除く)取得されている。海外への赴任も多いが一時帰宅や手当、健康診断など手厚い。
50代 / 男性 / 営業系
良い点
人間尊重を掲げて、労使が一体となって労働環境、福利厚生に対して取り組んでいる。有給は完全取得が当然であり、万が一部下が有給を取り残した場合には管理責任として直属の課長の首が飛ぶ程である。勤続3年以上になれば連続有給3日の取得が出来、勤続年以上になれば5連続有給の取得が出来るこれは土日祝日と続けることが可能の為前後の土日と合わせて9連休になる。 残業は水曜日と休日前日は禁止。他の日も通常は2時間以内、2時間を越える時は労組に届け出て許可を得なくてはならない。1ヶ月の残業は25時間以内でこれを越す場合には労使交渉が必要である。労働環境については、世間一般の会社に対して20~30年程進んでいると思われる。
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
以前は、報告は1枚ベストのコンセプトが浸透していたが、PPの普及で表現がゆたかになったのは、有益なことですが、企画・評価の場で過剰な報告資料が多くなり、資料作成に多くの時間を要し足らないと持ち帰り自宅で作業するサービス残業が常態化している。
またPPの作成スキルに個人差があるため、それが報告の評価になっている。
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
福利厚生は十分だと思いますが、リーマン・ショック後、定年延長に伴い福利厚生に以前ほど魅力がなくなって生きている。
会社は必要と考える内容が個人個人、の多用途性、環境変化で必ずしも十分な福利厚生とはいえないと思います。
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
社内制度の企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
教育・研修制度
71
111人の社員・元社員の回答より
教育・研修
に関する社員の声
気になる点
入社手続き後 部署に配属され、作業工程マニュアルという分厚いファイルを4冊程渡されて、目を通した後各頁に見たと云うチェックマークを付ける様にとだけ伝えられ、その後一日半放置されました。

工程マニュアルに書かれている内容は全て専門用語やその工場にある機器類、その機器類に備わっている部品名や操作パネル上にあるスイッチ名など、どれも一般では使わない(その工場以外では使わない言い回しも含め)名称や単語ばかりで、全く何の事を書かれているのか理解出来なかった。
しかし全ての頁チェックが終わった後上司にその旨を報告すると次の瞬間からいきなり現場に出て作業させられる(非常に大きなプレスマシーンや駆動する大型の機械が動き回っている中に素人の人間を何の説明も無く放り込む)状態だったので危険極まりないといった印象を受けました。
40代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
殆ど体系だった研修制度や教育プランは存在しません。何年かに一度思い出したように新たなプランが発表されますが、長続きせず、直ぐに忘れ去られて行きます。なのでそう言った教育制度を期待した入社すると、がっかりすることは間違いありません。
OJTを中心とした、現場任せが主体です。その為、どんな上司の下で働くのか、先輩達はどうか?が、本人の将来にとって非常に大切になります。
幸い私は非常に厳しいけれど、面倒見が良い上司に恵まれ鍛えられた為、周囲の誰にも負けない仕事上に必要な知識と経験を与えてもらえました。
50代 / 男性 / 営業系
良い点
研修は各部門毎に任されている。経理、総務、物流、製作所であれば溶接、プレスといった業種毎にキャリアアップのために必要なスキル、要件がマッピングされており、マップの各段階を追って研修やトレーニングが行われる。会社全体で共通する研修は主任昇格時や管理職昇格時の研修といったものである。また、事業所毎にQC手法の研修といった小集団活動のための研修についても社員自らが企画し実行している。
50代 / 男性 / 営業系
良い点
当人の興味ややる気をサポートするものが多く、強制的な研修は非常に少なかった。例えば、就業時間後の英会話クラスの授業料補助、レース活動への援助、自発提案による外部講師の講演(能力開発委員会と当時は言っていた。)、親睦会への援助等々。2週間程度の新入社員研修以外には、強制的な集合研修は一回あったかどうか記憶にないくらい。昇進、昇格の試験研修も一回しか経験していない。
60代以上 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
仕事・キャリアの企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
自分のやり方で仕事が進められるか、進め方にルールがあるか
どちらとも
いえない
89人の社員・元社員の回答より
自分のやり方で
進められる
仕事の進め方に
ルールがある
仕事のやりがい・キャリア
に関する社員の声
良い点
仕事では「0」ベースからの開発が多く基本計画日程で現実的に開発したものが形にになる醍醐味は特別な感激があります。又、量産ベースでもこの感動は十分に味わえると思います。
基本計画はありますが開発の中身、担当製品を自分なりの工夫とアイデアを入れることが仕事のやりがいを感じる近道ではないでしょうか。
50代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
気になる点
大企業病でものごとが、決まらなく、検討、事前報告が多く、社員が疲弊気味であること。特に最近は、新しい事に取り組もうとする、役員がほとんどいないため、技術的な遅れも散見され、このままでは、会社の将来を不安視する若手が非常に増えてきている。
40代 / 男性 / 営業系
良い点
グローバルに展開しているので、より多くのお客様に向けて仕事ができる。また、各地域によっても商品仕様、販売方法も異なり地域のアソシエイトと一緒にプロジェクトをすすめてゆく。
基本的な為替、貿易などグローバルなカネの動きも理解できる。
30代 / 男性 / 営業系
気になる点
新しいものに挑戦する社風ですが、逆説的に言えばやったもの勝ちなところがあります。成果の自己アピールが上手くないと出世や周囲からの評価は得がたいです。その為、上司や周囲からの評価にやり甲斐を感じるタイプは、社交性も必要です。
30代 / 男性 / 電気・電子・機械系エンジニア
職場の雰囲気の企業分析・研究レポート本田技研工業株式会社
挑戦的な社風か、堅実な社風か
どちらとも
いえない
89人の社員・元社員の回答より
挑戦的な社風
堅実な社風
本田技研工業株式会社
電機・精密機器関連
最近見た会社
最近見た会社はありません
入社後、活躍できる
会社選びのために。
カイシャの評判は、会社選びに本当に役立つ口コミ情報を提供し、みなさんが入社後活躍できる転職を応援します。
  • カイシャの評判 3つの特徴
  • 1. 日本最大!100万件超の口コミ
  • 2. すべての口コミを無料で公開
  • 3. 社員の声で作る会社分析レポート
本田技研工業株式会社と同業界のおすすめの会社
本田技研工業株式会社のおすすめの求人
【カイシャの評判】は就職、転職を希望するすべてのみなさまにご活用いただける社風口コミサイト!会社で働く社員や元社員のみなさまから、会社に関する正確かつ質の高い情報を収集し、毎日更新。転職・就職活動に役立つ情報でサポートします!